オークハウス、シェアハウスにフォトシンスのスマートロック「Akerun」を導入

IoT企業の株式会社フォトシンスは、国内におけるシェアハウス運営管理最大手の株式会社オークハウスに、2015年11月19日(木)より、オークハウスの運営するソーシャルレジデンス®※1施設にフォトシンスの提供するスマートロック「Akerun」および「Akerunオンライン鍵管理システム」を導入する。

これにより、スペースの安全性を高め、入居者への煩雑な鍵権限の共有を簡略化することで、入居者の施設内設備の交流の活性化を目的としている。

ソーシャルレジデンス蒲田、ソーシャルレジデンス西葛西、ソーシャルレジデンス南浦和、ソーシャルレジデンス福生拝島の4施設での導入を皮切りに今後オークハウスの運営管理する250物件、4,910室の共用部に拡大を予定しており、シェアハウス業界でのスマートロック普及が加速することが予想される。

 

【導入施設】

ソーシャルレジデンス蒲田、ソーシャルレジデンス西葛西、ソーシャルレジデンス浦和、ソーシャルレジデンス福生拝島の4物件。

※今後オークハウスの運営管理する250物件、4,910室の共用部に拡大予定。

オークハウス、シェアハウスにフォトシンスのスマートロック「Akerun」を導入

 

【利用内容】

住人の交流の場として提供しているシアタールーム、防音室、図書スペースなどは施錠管理をしており利用時間が限られていた。また防音室には高価な機材があり、セキュリティを高めたいという希望があった。

今回のAkerunオンライン鍵管理システムの導入を通じて、入居者に対する入室権限の共有の工数を削減して入居者の施設利用・交流の活性化を促進すると同時に、利用履歴の管理を行うことで盗難防止の効果が見込め、スペースの安全な運用に役立てることができると考えている。

オークハウス、シェアハウスにフォトシンスのスマートロック「Akerun」を導入

 

※1 ソーシャルレジデンス®とは
オークハウスが提案する新しいシェアハウスの形で、ソーシャルアプリ®と呼ばれる入居者が主導するワークショップ、イベント、セミナーなどが定期的に開催され、ただ住むだけではなく、入居者同士が学び、成長する機会を相互に提供する場として注目されている。物件内にはヨガ・フィットネスが出来るマルチスタジオ、楽器演奏が可能な防音室、24時間利用可能でWi-Fi完備のオフィススペース(ソーシャルオフィス®)などが備わっており、職住一体型の利便性から起業を目指す若者、就職活動中の学生、フリーランスで活動しているクリエイターが集まり、ソーシャルアプリ®を主催する入居者が提供するサービスから収入を得ることもある。

※2 Akerunオンライン鍵管理システムとは
スマートロック「Akerun」にIoTゲートウェイ「Akerun Remote」とWeb管理画面の「Akerun Manager」を組み合わせ、複数台の「Akerun」や多人数のユーザー管理が簡易になる。また、インターネットに常時接続することで遠隔開閉やフィーチャーフォンでの利用ができるようになった。

オークハウス、シェアハウスにフォトシンスのスマートロック「Akerun」を導入

 

【関連リンク】
フォトシンス
オークハウス
Akerun

Previous

ヤフーのモノとサービスとの新たな組み合わせを提供するスマホアプリ「myThings」と、ユカイ工学の進化するコミュニケーションロボット「BOCCO」が連携スタート

東芝の基礎体温計とピノ・アソシエイツのアプリ「ペアリズム」の連携開始

Next