東京エレクトロン デバイス、位置情報システム構築向け「TED Azure IoTキット-GPS」の販売を開始

東京エレクトロン デバイス株式会社(以下、TED)は、位置情報システム構築が可能な「TED Azure IoTキット-GPS」を本日発売した。提供価格は99,800円(税別)だ。

このキットは、GPSトラッカーとIoTゲートウェイが一体化したGPSゲートウェイ端末を使い、GPS情報と外部センサーから収集したデータをMicrosoft Azureに送信し、ビジネス分析ツールであるPower BIを用いて位置情報の可視化を実現するというもの。また、リアルタイムの位置測位や、SQL Databaseに蓄積したデータの分析も可能だ。

利用シーンとしては、物流業における荷物のリアルタイム管理・追跡、配送車両の運行管理や配送ルート効率化分析、配送時の温度管理、重機や設備・資材の所在管理などが想定される。

特長は以下の通りだ。

  1. GPSゲートウェイ端末は、コヴィア社製Acty-G1(Azure Certified端末)を採用
    • GPS(人工衛星みちびき対応)、ジャイロセンサー、加速度センサーを標準搭載
    • 大容量バッテリーを搭載し、常設時はAC常時給電も可能
    • Wi-Fiと3G/LTE通信を採用し、Wi-Fiテザリング、Bluetoothテザリングも対応可能
  2. Acty-G1専用外部温度センサーを付属
  3. 付属のプリペイドSIMで、クラウドとの通信がすぐに可能
  4. Microsoft Azure利用料金5万円付き
  5. 位置情報取得からPower BIでの見える化までの構築ガイドを付属

キットの内容は以下の通りだ。

  • コヴィア Acty-G1 1台、Acty-G1バッテリー 1個
  • コヴィア Acty-G1専用外部温度センサー(1m)1個
  • エレコム USBケーブル(90cm) 1本
  • NTTコミュニケーションズ OCNモバイルONE(1GプリペイドSIM) 1個
  • TED Azure IoTキット-GPS構築ガイド
  • Azure利用料金5万円(ご購入後3ヶ月まで)を含む

【関連リンク】
「TED Azure IoTキット-GPS」製品ページ

Previous

東洋計器とKDDI、セルラーLPWA対応ガスメーター用送信機「IoT-R」を開発

IDC、国内産業用ネットワーク機器市場は年間平均21.4%の高成長を予測

Next