アップル、スマートスピーカー「HomePod」を米国などで発売

アップルがスマートスピーカー「HomePod」を本年2月9日より米国などで発売する。日本での発売は未定だ。

1月26日から、アメリカ、オーストラリア、イギリスでオンラインで注文できるということだ。なお、ドイツ、フランスでは今春からのリリースとなる。

「HomePod」は、Siriに話しかけることにより、メッセージの送信、タイマーの設定、ポッドキャストの再生、またニュース、スポーツ、交通、天気のチェックなどが行える。

また、スマートホームにおけるさまざまなデバイスと連携し、ホームハブとして機能。たとえば、部屋の照明をつける、シェードを上げる、温度を設定する、などのリモートアクセスや自動化を可能にする。

音楽はApple Musicと連携。Siriを通じてその時ききたい曲を聞けば、検索してくれる。オーディオ技術にこだわっており、臨場感あふれる音楽が楽しめるという。空間認識の機能が搭載されており、部屋のどこに置いても音色が保たれるよう、オーディオが自動的に調整される。

また、6アレーの高指向性マイクが内蔵されており、大音量で音楽を聴いていても、隣の部屋からの「Hey Siri」という呼びかけ聞き取れるということだ。

アップル、スマートスピーカー「HomePod」を米国などで発売

【関連リンク】
「HomePod」

Previous

KDDIなど4社、IoTで顧客の来店状況を分析する実証実験を開始

安川電機、インバータ用プログラミングツールDriveWorksEZの機能を強化

Next