ぷらっとホーム、Windows 10 IoT Enterpriseを搭載したIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX2/W」を発表

ぷらっとホーム株式会社は、Windows 10 IoT Enterpriseを搭載したIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX2/W」を本日発表し、受注を開始した。出荷開始は2018年2月中旬を予定しているという。

同製品は、これまでのOpenBlocksシリーズにおいて、顧客から要望の多かったWindows OSにはじめて対応し、より幅広い範囲の用途に活用できるよう発表された。

同製品により、ぷらっとホームは、通信・インフラ分野におけるLinuxテクノロジーを中核としたIoT製品に加え、マイクロソフトのWindows製品及びクラウドサービスMicrosoft Azureと連携した、レイヤー横断型のシームレスなIoTソリューションを実現していくとしている。

OpenBlocks IoT VX2/W製品概要

OpenBlocks IoT VX2/Wは、OpenBlocksシリーズに、Windows OSを採用したモデルだ。ハードウェアにはIoTゲートウェイとして導入実績をもつOpenBlocks IoT Familyを使用し、OSには多様なアプリケーションを持つマイクロソフトのIoT向けOS「Windows 10 IoT Enterprise」を搭載した。

Windows 10 IoT Enterpriseは完全バージョンのWindows 10であり、IoTソリューションにエンタープライズレベルの管理性とセキュリティを提供するものだという。

リテール、製造、医療機関、およびその他の業界で幅広く使用されているWindows環境の多様な業界向けアプリケーションが利用可能となる。

ハードウェアの特長

IoTエッジコンピューティングを実現する性能

OpenBlocks IoT VX2ハードウェアを使用し、Intel Atom E3805 64bit CPU(1.33GHz デュアルコア)搭載。また、大容量内蔵ストレージ(32GB)、大容量RAM(2GB)の搭載をはじめ、Ethernetポートを2ポート実装しておりIoTエッジコンピューティングの実現を支援する性能と機能を持つ。

軽量・小型・堅牢な筐体設計

  • 超軽量:筐体重量約160g、壁面・天井を含む空間へ容易に設置可能
  • 超小型:筐体サイズ91.9×114.8×25mmの超小型フォームファクタ
  • ファンレス半密閉構造:防塵性能IP40
  • 耐環境性能:-20℃~+60℃(標準添付「放熱・設置ブラケット」装着時)、-20℃~+40℃(同未装着時)

用途に合わせて選べる2つのWindows 10 IoT Enterprise

Windows 10 IoT Enterpriseのサービス提供モデルに合わせ2つのモデルを提供。

SAC(Semi-Annual Channel)モデル

Windows 10にプリインストールされるさまざまなアプリケーションが利用できるほか、機能更新プログラムが随時適用され、Windowsの新しい機能を適用しながら使い続けられるモデルだ。

LTSC(Long Term Servicing Channel)モデル

必要最小限の機能のみがプリインストールされ、特定のアプリケーションのみの動作を想定した。機能更新プログラムを適用せず、OSの機能を固定して使い続けられるモデルだ。機能更新を必要とせず、安定稼働が求められる用途に適している。

製品仕様

■CPUモデル:Intel Atom E3805 64bit 1.33GHz 2core 2thread 1MB L2 cache
■CPU動作速度:1.33GHz (デュアルコア) / 内蔵2次キャッシュ:1024KB/Core
■メインメモリ:オンボード 2GB(64bit bus DDR3L)
■内蔵ストレージ:32GB(eMMC)
■追加ストレージ:microSDカードスロット×1
■無線インターフェイス:BT4.0(BLE)+2.1 EDR、WLAN (IEEE802.11a/b/g/n/ac)
■SIMインターフェイス:通信用miniSIM(25×15×0.76mm)カードスロット
■有線インターフェイス
・USB(HOST):3.0×1(type-A) ※1
・USB(Console):Micro USB(type-B)×1※1
・Ethernet:10BASE-T / 100BASE-TX / 1000BASE-T ×2
・RS-485:半2重 x 1 (使用可能電線範囲: AWG28~22)
■セキュリティ:TPM 2.0(Trusted Platform Module)あり
■寸法:91.9(W)×114.8(D)×25(H)mm (突起部含まず)
■重量:160g (付属品含まず)
■電源:DC-Jack:DC4.75~5.25V / Wide DC給電時:DC10~48V※2
■消費電力
・アイドル時:ACアダプタ5.5W(11.2VA) / Wide DC (48V入力時) 4.0W
・高負荷時:ACアダプタ9.0W(16.9VA) / Wide DC (48V入力時) 7.5W
■動作温度:-20℃~+60℃※3
■認証(WLAN/BT):JATE / TELEC
■適合規格
・PSE・VCCI class A
・IEC60950-1
・FCC Part 15 Subpart B class A・UL 60950-1・CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1
・RED・RoHS
■RTCバックアップ時間:最大10年
■出荷時OS:Windows 10 IoT Enterprise
■保証条件:センドバック1年保証
※1:サポートするケーブル長は3m未満。
※2:同機能を使用する場合、外付けノイズフィルター(SNR-10-223-T(COSEL))または同等のノイズフィルターの接続が必要。
※3:周囲温度が40℃を超える環境に同製品を設置する場合は、添付の放熱・設置ブラケットを取り付けて使用する必要がある。

【関連リンク】
OpenBlocks IoT VX2/W製品情報

Previous

NCRとPTC、店舗向けトータルサービスソリューションを共同開発

マイクロソフト、文章から画像を生成するボットを開発

Next