東芝、Seeedと無線LAN搭載SDHCメモリカード「FlashAirTM」を使ったIoT機器試作用のプロトタイピングボード開発

株式会社東芝 セミコンダクター&ストレージは、Seeed Technology Limited(以下、Seeed社)と、無線LAN搭載SDHCメモリカード「FlashAirTM」を使ったIoT機器やシステムの試作を迅速に行うためのプロトタイピングボードを開発中だ。

同製品を、11月18日から20日までパシフィコ横浜で開催される組込み総合技術展「Embedded Technology 2015」に参考展示する。

 

「FlashAir」は無線LAN通信機能を搭載したSDHCメモリカードで、デジタルカメラで撮影した写真やカードに保存されたデータを、その場で外部のスマートフォンやタブレットなどと共有できるのが特長の製品だ。

さらに同製品は、開発者向け情報サイト「FlashAir Developers」でAPIを公開しており、その無線LAN、Webサーバー、GPIO、Luaスクリプトなどの機能を駆使してIoT製品や応用システムを作成することが可能だ。

 

【「FlashAir」プロトタイピングボード参考展示製品の主な特長】

1. 「Arduino」のフォームファクターを採用
業界で広く使われている「Arduino」と同じ開発環境を提供することで、高い拡張性を実現。

2. Seeed社のスターターキット「Grove – Starter Kit for Arduino」が利用可能
はんだづけ不要で、センサやスイッチを使った試作を容易に行うことができる。

3. バッテリーチャージャー搭載
リチウムイオン電池と組み合わせることで機器の小型化が可能。

 

【「Embedded Technology 2015」出展の概要】

開催日:2015年11月18日(水)~20日(金)
会場:パシフィコ横浜
ブース番号:C-43 東芝グループブース

 

【関連リンク】
東芝
Seeed
ビジネスワイヤ

Previous

HAMOLO、JR西日本と共同で「見守り位置検索サービス」の実証実験を開始

MashupAward11 最優秀賞は本物の弓を使ったARゲームシステム「参式電子弓」

Next