ZMP、最大400G加速度センサ搭載小型6軸モーションセンサ/データロガーのパッケージ販売開始

株式会社式会社ZMPは、最大400G加速度センサ搭載小型6軸モーションセンサとデータロガーをセットした「IMU-Z Cubeデータロガーパッケージ」の販売を開始した。

IMU-Z Cubeは、最大400Gの3軸加速度計測が可能な加速度センサと3軸ジャイロセンサを搭載、車載ネットワークCAN(Controller Area Network)に対応した約2㎝角の小型センサモジュールだ。自動車/部品メーカにおける機構部の振動や姿勢の計測などで活用されている。

今回、車載データロガーとして実績の豊富なベクタージャパンの小型データロガーGL1000と組み合わせることで、PCを使わずに計測が可能となり、屋外で移動しながらの計測や、PCを搭載しにくい車両、移動ロボットなどでの計測が行いやすくなるという。

なお、センサを加速度・ジャイロに加え、地磁気センサも搭載した9軸モーションセンサIMU-Z2へ、データロガーをIP65(防塵・防水)対応のGL1010へ、といった変更にも対応可能だ。

IMU-Z Cubeデータロガーパッケージの価格は、42万円(税別)で、本日より販売が開始される。

【関連リンク】
製品紹介IMU-Z Cube

Previous

日本データー、教育用人型ロボット「NDC-HN01」を販売開始

NTTPC、IoT/M2M向けモバイルサービスの料金プランとSIM運用管理機能を改善

Next