ライドアンドコネクト、人工知能搭載アプリで迷惑電話を自動ブロック。進化する詐欺手口に対抗し「自動着信拒否機能」開発。

株式会社ライドアンドコネクトは、知らない番号でも相手がわかるアプリ「電話帳ナビ for Android」において、2015年11月20日(金)、人工知能を搭載し迷惑電話を自動ブロックする「自動着信拒否機能」の提供を開始した。

 

【自動着信拒否機能の開発背景】

以前の架空請求は、携帯にメールを送りつけ不安になったユーザーに電話をかけさせる方法が主流だったが、最近では詐欺グループ側から多数の携帯電話に自動発信・自動音声で電話をかけ現金を騙し取る方法が使われている。

そのような手口が増えてきたことから、迷惑電話を自動的にブロックすることでユーザーが安心して電話の応答が行えるよう「自動着信拒否機能」の開発に至った。

 

【「電話帳ナビ for Android」について】

同アプリは、着信番号から相手先情報を検索・表示するアプリだ。

初めてかかってきた電話番号でも、電話帳ナビのデータベースに登録されている情報から相手側情報を参照できる仕組みなので、知らない番号からの着信にも安心して応答できる。登録データが非常に多く、国内番号件数1億件以上、過去判定実績 12億件以上の膨大なデータの保有がある。

また、有料版の自動着信拒否機能には人工知能を搭載し、新しい迷惑電話に対応する。

 

【迷惑電話の判断に人工知能を搭載】

「電話帳ナビ for Android」は、独自に保有する電話番号データベースをもとに迷惑電話を判断し自動で着信拒否を行う。迷惑電話の判断は、ユーザーからの投票によ る「迷惑電話度データ」と、独自に開発した「危険電話番号通知システム」の2要素によって行われる仕様だ。

危険電話番号通知システムは人工知能を搭載しており、アクセス加速度、地域特性、番号傾向など20以上のデータと蓄積された過去の情報から電話の内容を推 測・判断する仕組み。このシステムにより犯罪性の高い電話番号をリアルタイムに情報収集・分析してデータベースに登録することが可能で速報性を高めている。

同社が保有する電話番号データベースは犯罪に利用される電話番号以外にもセールス・勧誘などの迷惑電話に利用される電話番号がリアルタイムで更新されている。

ライドアンドコネクト、人工知能搭載アプリで迷惑電話を自動ブロック。進化する詐欺手口に対抗し「自動着信拒否機能」開発。

 

【「電話帳ナビ for Android」の機能】

着信拒否機能は無料版の「簡易着信拒否機能」と、月額100円の「自動着信拒否機能」に分かれている。

<簡易着信拒否機能> 無料
「迷惑電話度データ」と照合し、着信拒否を設定できる機能。

<自動着信拒否機能> 月額100円
上記の簡易着信拒否機能に加え、人工知能搭載の危険電話番号通知システムにより、犯罪系、勧誘系、営業系の着信拒否を細かく設定できる機能。

 

【アプリ概要】

アップデート  : 2015年11月20日(金) ※最新バージョンは1.6.0
対応機種    : Android
Android要件  : 2.2以上
価格      : 無料 ※自動着信拒否機能は月額100円で利用可
ダウンロード: Android

 

【関連リンク】
ライドアンドコネクト(RIDE AND CONNECT)

Previous

H2H、時間を貯める使うアプリ「time wallet」 ユーザーインターフェイスを刷新しアップデート

IoTエコシステム指導者がIoT開発を目指すOpenFogコンソーシアム結成

Next