総務省、「電波資源拡大のための研究開発の基本計画書(案)」で意見募集

総務省は、平成30年度から新たに実施する「電波資源拡大のための研究開発の基本計画書(案)」について、平成30年2月10日(土)から同年3月12日(月)までの間、意見を募集する。

総務省では、新たな電波利用ニーズの拡大に対応するため、周波数のひっ迫状況を緩和し、電波の有効利用を目的とした「電波資源拡大のための研究開発」を実施していくとしている。

そこで、平成30年度から新たに実施する5件の研究開発課題の提案の公募に先立ち、研究開発内容、技術課題、到達目標等を記載した基本計画書(案)について、広く意見を募集する。

今後、総務省では、寄せられた意見を踏まえ、基本計画書を策定し、速やかに研究開発の提案の公募を行う予定だ。

【関連リンク】
「平成30年度電波資源拡大のための研究開発の基本計画書(案)」(PDF)
意見募集要項(Word)

Previous

PALTEK、コーデンシと販売協力でサーモパイルセンサ、 照度センサモジュールを提供開始

ソフトバンクと中国の滴滴出行、タクシー事業者向けサービスで協業

Next