デンソー、コネクティッド事業強化でクリエーションライン社に出資

株式会社デンソーは、クラウドやオープンソース等の次世代ソフトウェアの開発を手がけるクリエーションライン株式会社に出資した。

デンソーは、自動車業界は100年に一度のパラダイムシフトを迎え、他業界からの新規参入や開発スピードの加速により競争が激化しており、このような環境下でこれからのモビリティ社会を牽引するには、従来の自動車部品の開発で培った技術と知見のみならず、世界中から先進的なソフトウェア技術を積極的に導入し、スピード感をもってイノベーションを生み出すことが不可欠だとしている。

クリエーションライン社は、オープンソースおよびアジャイル手法を用いた技術開発を得意とし、多くの導入実績を誇る会社として注目されている企業だ。デンソーは今回の出資を通じて、先進的で、今後さらに急成長が期待される技術に取り組むクリエーションライン社のIT人材をコネクティッド関連事業に活用するという。

さらに、クリエーションライン社が主催・共催する様々なオープンソースコミュニティーへの参画を通じ、今後の事業展開に必要な、グローバルに通用するソフトウェア志向の開発体制を強化するとしている。

【関連リンク】
クリエーションライン(CREATIONLINE)
デンソー(DENSO)

Previous

ノルウェー交通局、冬の道路状況予測でNIRA Dynamicsのコネクテッド技術に投資

AIスピーカーはシニアにうける?若年層よりシニア層が活用するスマホの「音声検索機能」、ビデオリサーチがレポート

Next