ANAとソフトバンク、空港における自動運転バスの導入に向けた取り組みを開始

全日本空輸株式会社(以下、ANA)と、ソフトバンクグループのSBドライブ株式会社は、羽田空港新整備場地区での実証実験を皮切りに、空港における自動運転バスの導入に向けた取り組みを開始した。

羽田空港新整備場地区で実施する実証実験では、公道における自動運転レベル3および4相当の自動走行を実施。

同実証実験では、自動運転技術を研究・開発する先進モビリティ株式会社が市販の小型バスをベースに改造した実験車両と、SBドライブが開発中の遠隔運行管理システム「Dispatcher(ディスパッチャー)」を使用して、車両走行制御技術や遠隔運行管理システムの検証などを行う。

Dispatcherの機能は以下の通りだ。

  • 複数台の車両ごとの運行管理
  • 車外・車内の映像モニタリング
  • 遠隔操作機能
  • 緊急通話機能
ANAとソフトバンク、空港における自動運転バスの導入に向けた取り組みを開始
Dispatcherシステム構成図

【関連リンク】
全日空(ANA)
SBドライブ(SB Drive)

Previous

オンキヨー、クルマで使えるスマートスピーカー「AIスマートオートモーティブ」を開発

GSMA、複数のモバイル通信事業者が世界各地の免許周波数帯域で省電力広域ネットワークの運営を開始

Next