NTTドコモ、商品棚画像認識エンジンを開発

株式会社NTTドコモは、スーパーやコンビニ等の小売店で商品棚をスマートフォン等で撮影することでリアルタイムに商品の陳列状況を分析できる商品棚画像認識エンジンを開発した。

同エンジンは、ドコモのAI技術を活用した画像認識エンジンであり、NTTグループのAI「corevo」を構成する技術だ。

複数の商品が写った画像から、個々の物体の位置を98%以上(同社調べ。日用雑貨、カップ麺、飲料を商品棚に配置して撮影して精度を測定)の精度で検出できる「物体検出」と、検出した物体を画像データベースと照合させ、どの商品に該当するかを95%以上の精度で特定し認識する「特定物体認識」の二つの技術で構成されている。

従来の画像認識技術を搭載した商品棚分析端末では、高精度に商品を認識するためには、商品が正面を向いていること、前列に陳列されていることなど撮影条件が課題となっていた。

一方、同エンジンは、商品の向きや陳列位置に撮影条件がなく、陳列スペースが狭く商品を詰めて陳列する場合でも商品位置の特定が可能。また、市場に流通する数百万種類の商品の認識に対応し、たとえ新商品であってもデータベース登録を行えば、直ちに認識することができるという。

流通・小売業界において、商品陳列棚における商品管理、売上の分析等に、同技術は活用が見込める。商品メーカーが、売上の要因分析をするために店舗棚割の実態を把握することは重要であり、現在はラウンダー(店舗巡回担当者)が手作業で棚割をデータ化するため、手間や時間がかかっている。

しかし、同エンジンを活用することで、入力ミスの減少によりラウンダーの生産性が向上され、作業時間の大幅な削減に寄与するという。

なお、同エンジンを用いたファーストユーザーである株式会社サイバーリンクスが、「棚SCAN-AI」を提供する。

「棚SCAN-AI」は、スマートフォン等で売場(商品陳列棚)を撮影した画像から商品情報や陳列位置情報を判別し、店頭陳列(棚割)のデータ化を行い、店頭分析や棚割システム連携などを行うことができる。

ドコモは、中期戦略2020「beyond宣言」におけるソリューション協創を推進している。同案件は、研究開発部門・法人部門にて組織横断的に混成チームを構成し、顧客の課題解決を図る取組み「トップガンTM」にて創り出したものだ。

【関連リンク】
NTTドコモ(NTT docomo)
サイバーリンクス(CYBERLINKS)

Previous

2015年より5Gへの準備を進めるエリクソンは、様々な事例を紹介 ーMWC2018レポート3

5Gのユースケースを求めて ーMWC2018レポート4[Premium]

Next