マイクロソフト、AIカメラアプリ「Microsoft Pix」にLinkedInと連携する機能を追加

マイクロソフトは、無償のAIカメラアプリ「Microsoft Pix」にLinkedInと連携する新機能を追加した。

これにより、撮影した名刺の画像から、名前や連絡先情報などを自動で認識し、iPhoneの連絡先アプリやLinkedInアカウントにもコンタクト情報を簡単に追加できるようになる。

Microsoft Pixは、撮影した名刺画像から名前、電話番号、メールアドレス、URLなどの必要な情報を認識し、iPhoneの連絡先アプリにこれらを追加する。

iPhone上でLinkedInにサインインしている場合、名刺情報はシームレスにLinkedInのアカウントにも反映され、メールや会議をする人々の情報が参照できるようになる。

追加された人々のプロファイル、肩書き、経歴も参照できるため、コミュニケーションもスムーズだという。

Pixは、自動的にホワイトボードやドキュメントを認識し、それに合わせてカメラの設定をインテリジェントに調整する。

不必要な箇所のトリミング、色彩や色調の強化、フォーカスの鮮明化、画像を垂直にするためのローテーションなど、AIを活用して自動で写真を調整する機能を提供する。

【関連リンク】
マイクロソフト(Microsoft)

Previous

さくらインターネットや京セラなど、Sigfox、LoRa、Wi-SUNの3方式が同時に使えるテストベッドを構築

ついに誕生!住宅向けAI・IoTの展示会 [PR]

Next