日立ソリューションズ、世界11カ国で実績のある米Enlighted社のIoTソリューションを提供開始

株式会社日立ソリューションズは、世界11カ国、200社を超える建物や施設に採用実績がある、米国Enlighted, Inc.(以下、エンライテッド社)のIoTソリューションについて、国内初の販売代理店契約を締結し、本年4月2日から販売開始する。

同ソリューションのIoTセンサは、センサのみで人感(赤外線)、温度、照度をセンシングし、加えて、BLEの送受信にも対応するもので、天井や机の下などに設置される。

また、センサ情報を基に、施設の利用状況を可視化したり、BLEビーコンの移動状況を基に、個人の居場所をリアルタイムに検索したり、過去の移動状況を可視化したりする機能を、クラウドサービスで提供する。

日立ソリューションズはさらに、顧客の目的に応じて、収集したデータを分析し、高度に活用するための個別アプリケーションの開発までをワンストップで提供する。

同社は、企業はこれにより今まで難しかった施設・建物の利用状況や人・物の動き、コミュニケーションを把握・分析することが可能となり、働き方改革やデジタルマーケティングの加速、スマートビルの実現などによる、生産性の向上や新サービスの創出が可能になるとしている。

エンライテッド社のIoTセンサソリューションの特長

1. 複雑なネットワーク設定が不要で、取り付けが簡単なIoTセンサを提供

建物や施設の天井や机の下などに取り付けることで、さまざまなデータを収集するIoTセンサを提供する。

同センサは、センサ間で独自のメッシュネットワークを構築するため、データ通信用の配線工事が不要。各種設定もシステム管理者がブラウザから直接編集できる。

2. 1つのIoTセンサで複数の情報を収集し、人・物の位置や動きを可視化

IoTセンサは赤外線、温度、照度を感知し、データをクラウドにリアルタイムに送信する。また、BLEの送受信にも対応しており、BLEビーコンやスマートフォンを用いることで、人・物の位置や動きをリアルタイムに可視化することができる。

これにより、たとえば公共施設などの不特定多数の人が利用する施設において、空間の利用状況を把握したり、BLEタグを持つスタッフの動きと連携したサービスを提供したりするなど、1つのセンサでBLEビーコンを持つ人と持たない人の両方に対応したサービスを構築することができる。

3. 複数の施設を一元管理

クラウドサービスは、複数の施設情報を集約し、さまざまな観点から分析するダッシュボードを提供する。これにより、フロアや施設を単独で分析しただけでは分からない、全体最適化の可能性や全体的な傾向を可視化することができる。

日立ソリューションズ、世界11カ国で実績のある米Enlighted社のIoTソリューションを提供開始
人の動線分析:エンライテッド社のIoTソリューションのクラウドサービスの画面例

日立ソリューションズの検証の取り組み

日立ソリューションズは2017年3月から自社において、従業員のオフィス内での動きの可視化や入退館管理を検証し、施設の稼働状況の可視化や適切な就労管理への効果を確認した。

また、三井デザインテック株式会社とともに、オフィス内のコミュニケーションの見える化やスペースの活用など、働き方改革を支援するサービスの実証実験を2017年9月から3ヶ月間、400人規模で検証し、人のコミュニケーション状況の分析に有効なデータを収集できることを確認した。

【関連リンク】
日立ソリューションズ(Hitachi Solutions)
エンライテッド(Enlighted)
三井デザインテック(MITSUI Designtec)

Previous

国内IoT市場は5年以内に12兆円規模へ、IDCが予測

楽天技術研究所とマリタイム・ロボティクス社、無人貨物船についての共同研究実施に合意

Next