マイクロソフト、レゴ マインドストームとIT 人材育成を目的としたプログラミング ロボット教育カリキュラムの提供で連携

玩具メーカー レゴ社の教育部門 レゴ エデュケーションと日本マイクロソフト株式会社は、日本のIT人材の育成に寄与することを目的に、小中高生を対象にしたクラウドを活用したプログラミング教育カリキュラム「ロボット×クラウドではじめての本格プログラミング~レゴ(R)マインドストーム(R)で地球を探査(以下 プログラミング教育カリキュラム)」を開発、2015年10月27日より提供を開始するとともに、今後全国の教育機関への展開で連携することを発表した。

 

同カリキュラムは、すでに世界80か国50,000以上の教育機関で採用され、日本でも6,000以上の教育機関で採用されているプログラミングロボット教育版レゴ(R)マインドストーム(R)EV3を用いた、ビジネスでの活用が始まっているクラウドやIoT、データ分析の初歩を楽しく学ぶことのできる本格的なプログラミング入門教材だ。

教育版レゴ(R)マインドストーム(R)EV3の基礎プログラムを発展させ、Microsoft Visual Studio を使った本格的なプログラミングによるロボットの操作から、センサによる外部データの収集、Microsoft Azure上であらかじめ準備されたIoTや分析サービス機能を用いて、データの収集、保存、分析、活用といったビックデータ時代のIoTの基本的な仕組みを遊びながら学べる教材として、2014年10月に教育版レゴ(R)マインドストーム(R)EV3正規販売代理店である株式会社アフレルと共に開発した。

 

同プログラミング教育カリキュラムを活用し、すでに芝浦工業大學中学高等学校、お茶の水女子大学附属高等学校、東京大学教育学部附属中等教育学校、鳥羽商 船高等専門学校など複数校と実証実験を行っている。

レゴ エデュケーションと日本マイクロソフトはそれらの実験結果を反映させた小中高の学生向けのワークショップを、日本においてプログラミング学習に多くの実績 を持つ NPO 法人 CANVAS の協力を得て、今後1年間で参加学生数1万人を目標に全国規模で展開する。

さらに教育者のみならず、個人エンジニアや学生、特に高専生などが同カリキュラムを活用したワークショップを開催するための支援策として、日本マイクロソフトが提供するセルフオンライントレーニングサービス Microsoft Virtual Academy などを通じて年間約500名のトレーナーを育成する予定だ。

 

【製品概要】

製品名:IoTカリキュラム学習セット
型番:IoTCLset-01
価格:53,900円(税込58,212円)
セット内容:
・教育版レゴ マインドストームEV3基本セット [EVR45544] 1セット
・DCアダプター [WPT8887] 1個
・WiFiドングル(ONKYO) [UWF-1(AF)] 1個
・楕円コース[WRC0001] 1枚
・IoTカリキュラム学習テキスト[IoTCLTEXT-01] 1式

※テキストはMicrosoft Virtual Academy からダウンロードできるカリキュラムを印刷したもの。

 

【関連リンク】
マイクロソフト
レゴ エデュケーション
アフレル

Previous

オムロン、「3次元セーフティセンシング技術」を開発

ソフトバンクロボティクス、Pepper for Biz向けロボアプリの開発者などを総合的に支援する「Pepperパートナープログラム」について

Next