キーサイト・テクノロジー、車載用ミリ波レーダー向けテストソリューションを発表

キーサイト・テクノロジー合同会社は、E8740A車載レーダー信号解析および信号生成ソリューションを発表した。このソリューションを使用することで、衝突の危険性をプロアクティブに検出し、リスクを軽減するレーダーベースの先進運転支援システムが可能になるという。

車載用レーダーアプリケーションは、有人運転車両と自律走行車両のいずれの先進運転支援システム(ADAS)でも、今や必要不可欠な要素だ。79GHzのアプリケーションなど、特に高周波かつ広帯域での需要が拡大しており、エンジニアにとって設計の新たな課題となっている。

今回発表された、「E8740A車載レーダー信号解析および信号生成ソリューション」の特徴は以下の通りだ。

  • キーサイトのミリ波テクノロジーを用いた、連続掃引方式での3 Hz~110 GHzの信号解析
  • 24 GHz、77 GHz、79 GHzレーダーの全周波数レンジでの車載用レーダー信号の解析と生成を実行、およびテスト要件に応じて2.5GHzから5 GHz超までの拡張性のある解析帯域幅を提供
  • 既存および将来的な周波数と帯域幅をカバーし、設計における重要なエラーの特定、分離、補正を迅速に行うことができる直感的なツールを備えた、拡張性のあるテストプラットフォームを提供
  • SN比(Signal to Noise Ratio)を向上させ、表示平均雑音レベル(DANL)を110 GHzまで-150 dBmに低減、高い感度と広いダイナミックレンジを実現して高精度の測定を提供
  • SystemVue車載用レーダーライブラリ(W1908)を使用し、周波数変調連続波(FMCW)とシナリオを簡単に作成

【関連リンク】
「E8740A車載レーダー信号解析および信号生成ソリューション」

Previous

NEC、次世代ヒューマンインタラクション技術と連携させた法人向けVRソリューション2種類を開発

アウトソーシングテクノロジー、AR技術を活用した「ものづくり業界」向け技術伝承サービスを発表

Next