DJIとコマツ、ドローンを使った写真測量ができる人材育成プログラムを提供

DJI JAPAN株式会社(以下、DJI)は、UAV(無人航空機:ドローン)写真測量に対応できる人材を日本で広く育成していくことを目指し、写真測量の目的、役割、手順とUAVの知識、操縦方法、法規制などを体系的に学ぶことができる教育プログラムを、コマツとdo株式会社の協力のもと、2018年夏より提供する。

2016年より国土交通省は、建設現場における労働環境の改善並びに生産性を向上させるため、調査・測量から設計、施工、検査、維持管理・更新までのすべてのプロセスにおいてICT技術を活用する「i-Construction」を推進しており、ドローンによる写真測量も急速に広まりつつある。

建設生産プロセス全体を効率化することで、建設業界の生産性向上や労働力不足解消に貢献するツールの一つとして期待されているドローンだが、写真測量知識を持つドローンオペレーターの数はまだ限られていることが課題となっている。

コマツは、建設現場のあらゆる情報をICTで繋ぎ、安全で生産性の高い「未来の現場」を実現するソリューション事業「スマートコンストラクション」を2015年2月より日本で開始以降、コマツ社内でドローン測量の人材育成に取り組んでいる。

コマツが持つUAV写真測量の知見にDJIのドローンに関するノウハウを統合した同教育プログラムは、対象地形を撮影した複数の写真を専用の解析ソフトウェアで解析し、3Dデータファイルを作成するまでを習得することが可能で、doが2018年夏より提供を開始する。

3社共同で建設現場の課題解決のために連携・協力を進めていく。

同教育プログラムの概要は以下の通りだ。

  • 対象者:測量知識の有無に関係なく、UAV写真測量の導入を検討している企業または個人
  • カリキュラム例:UAV写真測量概要、DJIドローンの安全基準、UAV写真測量の手順と方法、トラブルシューティング等
  • 提供開始時期:2018年夏以降
  • 企画・運営:講習の企画・運営、および認定証発行はdoが担当

【関連リンク】
ディー・ジェイ・アイ(DJI/大疆创新科技)
コマツ(KOMATSU)
ドゥ(do)

Previous

ユカイ工学と東京ガス、コミュニケーションロボット「BOCCO」を活用した実証実験を開始

シミュレートされた自動運転車の走行試験をVRが加速:NVIDIAブログ

Next