レオパレス21とKDDI、不正駐車・ごみ出しの遠隔監視にIoTを活用する実証実験

株式会社レオパレス21とKDDI株式会社、KDDIグループのアイレット株式会社は、オプテックス株式会社と共同で、2018年3月26日~4月25日の期間、IoTを活用した賃貸アパートの駐車場とごみ置き場の遠隔監視に関する実証実験を行う。

「契約駐車場の不正駐車」および「時間外のごみ出し・不法投棄」は入居者の困りごとの上位にあるという。

同実証実験では、対象のレオパレス21管理物件 (埼玉県川口市1棟) において、駐車スペースに設置された地磁気センサーによって駐車有無の検知が可能となっており、駐車がある場合、管理者に自動で通知される。

また、ごみ置き場の扉には開閉センサーを設置し、指定時間外に開閉があった場合には、管理者に通知される。通知を受け取った管理者は、既存のネットワークカメラで現場の状況を確認することができ、時間外のごみ出しおよび不法投棄を監視可能となる。

なお、監視状況はクラウド上に管理されるため、パソコンやスマートフォンなどでいつでも確認することができる。

これにより、管理者は物件を常に監視する必要が無くなるため、業務効率化に繋がる。また、センサーによる通知によって、不正駐車と時間外のごみ出し・不法投棄に即時対応が可能となる。

レオパレス21とKDDI、不正駐車・ごみ出しの遠隔監視にIoTを活用する実証実験

各社の役割は以下の通りだ。

  • レオパレス21:
    実証実験の場所提供、および実証実験に伴う管理業務全般と評価
  • KDDI:
    実証実験の取りまとめ
    システム全体設計、構築
    通信ネットワークの提供
  • アイレット:
    AWS環境の設計構築
    センシングデータ連携アプリケーション開発
    ダッシュボードデザイン
  • オプテックス:
    センサーの開発・提供、構築

【関連リンク】
レオパレス21(Leopalace21)
ケイディーディーアイ(KDDI)
アイレット(iret)
オプテックス(OPTEX)

Previous

ホロラボ、MR施設案内アプリケーション「ATL-MR」を共同開発

デジタルトランスフォーメーションを推進する SAP Leonardo とは? -SAP村田氏インタビュー

Next