CARTIVATORとNEC、空飛ぶクルマの実現に向けてスポンサー契約を締結

日本発の空飛ぶクルマの開発活動「CARTIVATOR(カーティベーター)」を運営する一般社団法人CARTIVATOR Resource Managementと、日本電気株式会社(NEC)は、2020年の空飛ぶクルマの実現に向けてスポンサー契約を締結した。

CARTIVATORは、「モビリティを通じて次世代の人達に夢を提供する」というミッションを掲げ、陸空両用で長い滑走路や大型車庫などを必要としない、空飛ぶクルマ『SkyDrive」の開発を進めており、2014年に5分の1スケールの機体で飛行に成功した。

現在では無人機1分の1スケールの試作機開発を進めており、2018年夏に一般公開を予定しているという。

NECは、CARTIVATORのミッションや取り組みに賛同し、スポンサー契約を締結した。

NECは、社会ソリューション事業で培った無人航空機の制御技術を提供することで、CARTIVATORの空飛ぶクルマの実現に向けた取り組みを加速させていくとしている。

さらに、今後は無人航空機の管制技術、電波監視技術、サイバー攻撃対策技術についても技術協力を予定しているという。

【関連リンク】
カーティベーター(CARTIVATOR)
日本電気(NEC)

Previous

IoT人気記事ランキング|データの前処理が必要ない分析プラットフォーム ーSIGHT MACHINEなど[3/19-3/25]

国内のビジネスコンサルティング市場、デジタルトランスフォーメーションと企業の人材不足が需要を牽引:IDC予測

Next