Cerevo、IoTハードウェアの新会社Shiftallをパナソニックへ売却

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発を手掛ける株式会社Cerevoは、ハードウェアのアジャイル生産を手がける新会社として「株式会社Shiftall(シフトール)」を設立、その全株式をパナソニック株式会社へ売却したことを、本日発表した。

両社協議の結果、Cerevoの持つ開発・製造ノウハウを活用し、新たにハードウェアを開発・製造・販売する新会社を設立。その全株式をパナソニックが取得することで合意した。Shiftallの代表取締役CEOには岩佐琢磨氏が就任する。                          

Cerevoは、主力商品群であるPCレスのライブ配信機器「LiveShell」シリーズや、「DOMINATOR」「1/8 タチコマ」といった既存製品の生産、販売、サポート、新規製品の企画、開発に加え、これまでCerevoが培ってきたIoT家電への技術・リソース・ノウハウを、主にこれからハードウェアの開発、製造にゼロから取り組んでいくスタートアップ企業などのより広範囲な顧客に提供する。

今後は自社ブランドでのハードウェア製品の開発、製造及び設計と共に、共同開発、製造業務についても重点を置き、パートナー企業の事業価値を高めるべく協働するとした。

株式会社Cerevo 代表取締役 青木和律氏

1974年生まれ。大手重工業メーカーでHVAC(産業用冷凍設備及び大規模空調システム)の開発に従事したのち2008年に独立、ハードウェアの製造支援を手がける。2015年にハードウェア・スタートアップ支援施設「DMM.make AKIBA」へ入居し、農業IoTに取り組む傍らDMM.make AKIBAの受託開発もサポート。2016年ハードウェアプロダクトマネージャーとして「DMM.make AKIBA」で開発を続けてきたシェアリングエコノミースタートアップのローンチに参画。2018年4月より現職。

【関連リンク】
シフトール(Shiftall)
セレボ(Cerevo)
パナソニック(Panasonic)

Previous

スタートトゥデイが新会社を設立、グループ内の技術力を集約

GTCで発表された、NVIDIA Researchによるディープラーニング研究

Next