Beacon事業を統合的・継続的に支援可能なソリューション。新サービス「Beacon Platform」の提供開始

Beaconアプリケーション開発と人流解析ソリューションサービスを展開している株式会社エンプライズ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:清 卓也 以下、当社)は、BeaconシステムのミドルウェアであるSDKと端末および運用管理システムを提供する新サービス「Beacon Platform」を6月1日より提供開始した。

■Emprize Beacon Platform について

Beacon事業を統合的・継続的に支援可能なソリューション。新サービス「Beacon Platform」の提供開始

・ Beaconを活用した新ビジネスを展開するにあたり、「自前で設備やインフラを調達するには手間がかかる」、「アプリケーション運用に専念したい」、 「早くサービスを立ち上げたい」といった声に応えたサービスが、『Emprize Beacon Platform』である。

・ Beaconを提供する上で必要となるSDKやミドルウェアをあらかじめ組み込んだITインフラリソースに利用者管理、運用管理などBeaconの開発から運用までに必要な機能をすべて提供する。

システムを活用することでBeaconシステム構築期間と費用削減が可能となり、サービスインを早期に、スムーズに実現できる。

■Emprize Beacon Platform の特徴
・開発ツール
Beacon機能の導入がスムーズ。アプリの初期開発や既存アプリへの組み込みが可能。
多数のAPIを利用可能で、さまざまな用途で活用できる。

・運営管理システム
継続利用に最適な設計。コンテンツ更新、ログの収集、Beacon端末管理まで網羅。
Beaconプロジェクトに必要な機能を標準搭載。

・統合的なインフラ
大量アクセスに対する堅牢性が高いシステム環境と24時間365日の有人監視体制完備。
プロジェクト初期にかかる環境の構築もサポートも可能。

■Emprize Beacon Platform 導入のメリット
メリット.1 圧倒的な工数短縮
開発用SDKは、Beacon機能のアプリへの実装をスムーズに行うことができる。iOS・Android両OSに対応ができ、新規開発でも既存のアプリへの実装でもどちらの場面でも利用できるため、工数を圧倒的に短縮することができる。

メリット.2 統合的な運用体制を構築可能
店頭での販売戦略などのO2O施策や、複数言語に対応したインバウンド対策を継続的・効率的に推進するために、 コンテンツの運用に必要な「CMS(Contents Management System)」を利用できる。 また、Beaconデータは「CRM(Customer Relationship Management」を通して顧客動向の分析に役立てられる。 Beacon端末を管理する「BMS(Beacon Management System)」統合的な管理・運用が可能となる。

メリット.3 安全で安心な動作環境
特別な専用プライベートクラウドにてシステム構築しているので堅牢性が高く、負荷分散や冗長性に優れている。 また24時間365日の有人監視体制を備えているため、安全で安心な動作環境を提供する。 Beaconが新しい情報通信インフラになりつつある昨今では、リスクに備えたセキュリティ体制は不可欠と言える。

<Platform Service API (※一部機能抜粋)>
・現在地情報取得 ・商品詳細 ・広告 ・言語情報 ・ナビゲーション ・クーポン発行 ・キャンペーン ・外部アプリ起動 ・スタンプラリー ・ポイント発行 ・WEBページ ・外部システム連動

■iBeacon とは?

Beacon事業を統合的・継続的に支援可能なソリューション。新サービス「Beacon Platform」の提供開始
『iBeacon』は2013年9月にアップルの「iOS7」に標準搭載された新機能。
サービスは、信号を発信する“ビーコン端末”と、その受信機となる“スマホ”(iBeacon対応アプリがインストールされたもの)、そして情報を配信す る“サーバー”の3つで構成され、Bluetoothの低消費電力版である「Bluetooth Low Energy (BLE)」という通信規格でデータを送受信する。
クーポン発行を代表としたプロモーション施策だけでなく、今回のような屋内ナビゲーションシステムや、「人流解析」と呼ばれる屋内行動調査など、その可能性は多種多様だ。

■会社概要

Beacon事業を統合的・継続的に支援可能なソリューション。新サービス「Beacon Platform」の提供開始
社名 : 株式会社エンプライズ
本社 : 東京都千代田区四番町4-9 東越伯鷹ビル 2F
設立 : 平成26年11月19日
代表取締役 : 清 卓也
事業内容 : iBeaconを利用したアプリケーションの制作・企画・提案・販売、スマートフォンアプリの制作・企画・提案
公式サイト : http://www.emprize.jp/

Previous

Apple Watch OS2発表!

GfK Japan調べ:ウェアラブル端末の販売動向および購入意向調査

Next