intelの工場IoTソリューション

COMPUTEX TAIPEI 2015のintelブースで、工場IoTソリューションについて話を伺った。

 

台北にある工場がIoTで稼働し、情報をマレーシアへ送っているというデモンストレーションだ。

intel IoT
工場のデモンストレーション

 

このデモ工場では、ロボットが赤や青のブロックをベルトコンベアで運ぶ際に、センサーによって赤のブロックは赤の箱へ、青のブロックは青の箱へ仕分けられていく。

intel IoT
ベルトコンベアが赤のブロックを運んでいる様子(白い丸枠内)
intel IoT
赤と青の箱に、仕分けられたブロックが入る

その仕分けられた(センサーが認識した)結果を、工場内におかれた通信機器(IoTゲートウェイ)を通して工場内のサーバに送る。

intel IoT

 

サーバでは、工場の稼働状況をモニタリングするアプリケーションが動いており、リアルタイムに確認することができる。

intel IoT

IoTゲートウェイはインターネットに接続しているため、クラウド経由でマレーシアにある事務所のサーバーへと情報が共有される。

マレーシアの本部スタッフは、工場の状態を認識して指示を出す。

intel IoT

指示を出すとその情報はインターネット経由で台北の工場の管理サーバーへ戻ってくるという流れだ。

 

工場におけるIoTは、このような流れで制御される。

工場の機器の状況をセンサーが感知し、工場内のコントローラーに伝えられつつ、クラウドを通して本部のビジネスインテリジェントツールを見る担当者が一括で世界中の工場を管理し、状況を見極めつつ工場に指示を戻す。

 

これまでこういった流れが人の手を介す事が多かったため、時間がかかったり、不正確であったりすることがあったが、今後IoT技術が工場等に導入されることで、リアルタイムに、かつ正確なオペレーションが実現できるようになるのだ。

Previous

GfK Japan調べ:ウェアラブル端末の販売動向および購入意向調査

リアルテック・セミコンダクター社(Realtek Semiconductor Corp.) リアルテックがApple HomeKitを全面サポートするAmebaとiCOM IoTソリューションを発表

Next