ソニーと米国カーネギーメロン大学、AIとロボティクスに関する研究開発契約を締結

ソニー株式会社は、米国子会社であるソニー・コーポレーション・オブ・アメリカを通じて、人工知能(AI)とロボティクスに関する研究開発契約を米国カーネギーメロン大学(以下、CMU)と締結した。

研究開発の第一弾となるプロジェクトは、調理とデリバリーがテーマだ。

これは、AIとロボティクス技術を活用して日常生活や製造現場で必要とされる機能を想定したときに、シンボリックに集約した題材としては調理とデリバリーが最適であると考えて設定したものだという。

このテーマでは、多様な可能性から想定されるメニューの選択と食材の制約などから生じる修正や再提案、調理過程の計画、不定形で柔らかい素材の加工や組み合わせ、美的要素も加味した配膳、オフィスやテーブルへのデリバリーなど、今後、AIとロボットが我々の身近な存在となるために必要な技術要素の多くが包含されている。

また今回のプロジェクトに加え、今後CMUで創出されるAI、ロボティクス領域の新たな研究開発プログラムやスタートアップに対して、ソニーのスタートアッププログラムである“Seed Acceleration Program(SAP)”や、コーポレートベンチャーキャピタル“Sony Innovation Fund”からサポートを提供することも予定しているという。

なお、プロジェクトは米国ピッツバーグのCMU計算機科学部を主な拠点に、AI、ロボティクス、機械学習の集団で進められる。ソニーからは執行役員コーポレートエグゼクティブの北野宏明氏が同プロジェクトを推進するとした。

【関連リンク】
ソニー(Sony)
カーネギーメロン大学(CMU)

Previous

世界のウェアラブルデバイス、年間平均13.4%で成長:IDCが予測

北陽電機、人数カウント・人流計測データを取得するLiDAR用コントローラを発売

Next