バニーホップ、つなげば既存機器がIoT化する「IoTコネクター」を発売

IoT企画・開発の株式会社バニーホップは、インターネット上から遠隔で既存機器のON/OFF操作ができる「IoTコネクター」シリーズの販売を開始した。

IoTコネクターの特徴は以下の通りだ。

  1. 設置はつなぐだけ:
    設置は、既存の設備の無電圧接点を「IoT Connector」に接続するのみ。すぐに機器のリモートON/OFFを体験できるという。
  2. 外部システムとの連携:
    WebAPIによる通信で既存の顧客システムと連携できる。例えばスマートフォンアプリと連携し、自動ドアの開操作を行えるようにすることで、ローコストでオートロックシステムが実現。
  3. セキュリティ:
    IoTコネクター内部のICチップ上でクラウドとのVPN接続処理が行われ、IoTコネクターの操作は、クラウドからの許可された通信でのみ実行可能。

製品の種類は以下の通りだ。

  • IoTコネクター:
    インターネット接続環境があれば、LANケーブルをつなぐだけで利用できる(DHCPが必要)。
  • IoTコネクターLTE:
    LTEのため配線はコンセントのみ。コンパクトでどこにでも設置できる(LTE回線(SIM)は顧客側で契約が必要)。
  • IoTコネクターPRO:
    EthernetとLTEの回線二重化で高信頼性ネットワークを構築。また接点端子を8極持ち、多数の機器を接続制御できる。

製品仕様は以下の通りだ。

バニーホップ、つなげば既存機器がIoT化する「IoTコネクター」を発売

【関連リンク】
バニーホップ(Bunnyhop)

Previous

エアロセンス、産業用ドローンAEROBO「AS-MC03」を開発

ハタプロ、AIロボット自動販売機を開発

Next