ウイングアークとグルーヴノーツ 、AI in BIで「自由」に「簡単」に需要予測

ウイングアーク1st株式会社と、株式会社グルーヴノーツは、ウイングアークのBIダッシュボード「MotionBoard」と、グルーヴノーツのノンプログラミングでデータ予測・分析を実現する機械学習プラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS」とを組み合わせた製品の提供を開始する。

国内においてビジネスでのAI活用が注目を集めているが、実際の活用に当たっては手間と時間がかかるという課題も存在している。

AIベンダーに業務の詳細を伝え、データを加工して渡すなどの労力や時間が多くかかり、開発をカスタムメイドで行うのでコストが高額になりやすく、そのシステムの維持には継続的に費用が発生し、負担になるケースも見られる。

両社は同協業により、ユーザー企業自身の手でAI(MAGELLAN BLOCKS)を用いたデータの分析・予測を可能とし、また、そのAI分析結果と業務データをBIツール(MotionBoard)上で利用できる環境を提供する。

専門家に高額なコンサルテーションフィーを支払わずともAIによる分析を可能にするという「AIの民主化」を実現することが狙いだという。

製品の特長は以下の通りだ。

  • 法人向け業務システムの予測分析ニーズに対応
  • 自社内のシステムとデータで、分析を継続して行える
  • 製品の導入だけでAI分析ができる
  • 設定や分析作業をノンプログラミングで簡単に行えるユーザーインターフェイス

以下のような活用シーンが考えられる。

  • 数値予測:    需要予測、売り上げ予測
  • 分類:      顧客タイプ分類、従業員退職予測、人事評価
  • 自然言語(文章):メール分類、報告書評価
  • 音声解析:    音声・テキスト変換
  • 画像解析:    製品品質管理

【関連リンク】
ウイングアーク1st(WingArc1st)
グルーヴノーツ(Groovenauts)

Previous

フリービット、「フリービットクラウド セキュリティ SIM」のIoT/M2M向け新プランを発表

ソフトバンク、NB-IoTの商用サービスを開始

Next