ソフトバンクロボティクス、自動運転技術を活用した床洗浄機を5月から商業施設や駅で稼働開始

ソフトバンクロボティクス株式会社は、米Brain Corp.の自動運転技術を活用した床洗浄機「RS26 powered by Brain OS」を、アイング株式会社、株式会社イズミテクノ、株式会社ジェイアール西日本メンテック、阪急阪神クリーンサービス株式会社の4社へ、2018年5月1日から順次納入すると発表した。

今回納入するRS26 powered by Brain OSは、SoftBank Vision Fund(ソフトバンク・ビジョン・ファンド)の投資先であるBrain Corp.の自動運転技術(Brain OS)を搭載しており、自律走行による床洗浄が可能な機械だ。

同機は、最初に清掃エリアを手動で運転することで清掃ルートの地図データを作成・記憶。一度清掃ルートを作成・記憶すれば、あとはスタートボタンを押すだけで記憶した地図データを基に清掃ルートを自律走行する。

清掃ルート上に人や障害物が出現しても、床洗浄機が備える複数のセンサーが検知することで回避しながら走行することが可能だという。

【関連リンク】
ソフトバンクロボティクス(SoftBank Robotics)
Brain Corp
アイング(Iing)
イズミテクノ(izumi techno)
ジェイアール西日本メンテック(West Japan Railway MAINTEC)
阪急阪神クリーンサービス

Previous

愛犬の排せつをセンサーで感知、ジャパンファーストステップが室内用全自動トイレ「わんわんマイスター」をリリース

トヨタ自動車、「TOYOTA Connected Europe」を欧州に設立

Next