トヨタ自動車、「TOYOTA Connected Europe」を欧州に設立

トヨタ自動車株式会社のコネクティッド分野の戦略事業体である「トヨタコネクティッド株式会社」は、欧州市場でのモビリティサービスニーズの高まりを受け、「TOYOTA Connected Europe, Limited」(以下、TCEU)を設立した。

ITの人材が豊富な英国ロンドンを拠点として、欧州の顧客にカーシェアなどのモビリティサービスに必要なプラットフォームの提供、ビッグデータの解析・活用を行っていく狙いだ。

新会社は、2016年に米国に設立された「TOYOTA Connected North America(以下、TCNA)」と協力し、車両管理やリースプログラムなど、モビリティサービスのための様々な機能を包括的に備えるトヨタのモビリティサービスプラットフォーム(MSPF)の開発強化を図る。

また、車両から上がってくる大量のデータを安全に収集、解析するトヨタ・ビッグ・データ・センター(TBDC)の欧州での運営を管理するとともに、欧州一般データ保護規則(GDPR)を含む、情報セキュリティの対策に取り組む。

新会社の設立にあたり、トヨタの副社長で「コネクティッドカンパニー」プレジデントの友山茂樹は、「TCEUはトヨタが進めるMSPFを用いたコネクティッド戦略を推進していく上で、欧州地域における重要な戦略的ビジネスユニットです。トヨタが持つ最先端のデータ解析技術も活用して、欧州のお客様に多様でより豊かなモビリティライフを提供していきます」と述べた。

新会社の概要は以下の通りだ。

  • 会社名: TOYOTA Connected Europe, Limited(トヨタコネクティッドヨーロッパ)
  • 事業内容: モビリティサービス事業、ビッグデータセンターの運用、ビッグデータ事業、データセキュリティ領域の研究開発
  • 設立時期: 2018年3月
  • 所在地: 英国 ロンドン
  • 会長: Zack Hicks(ザック・ヒックス)氏
  • 代表者: Agustin Martin(アグスティン・マーチン)社長兼CEO
  • 社員数: 約35~50名規模(2018年度の計画)
  • 資本金: 約7.0億円(4.5百万ポンド)
  • 大株主及び持株比率: トヨタコネクティッド(株) 100%

【関連リンク】
トヨタコネクティッド(TOYOTA Connected)

Previous

ソフトバンクロボティクス、自動運転技術を活用した床洗浄機を5月から商業施設や駅で稼働開始

スマートファクトリーの現在と、展示に見る実現可能性 ーハノーバーメッセ2018レポート8[Premium]

Next