ダッソーとボッシュ・レックスロスの生産現場の可視化と5Gをつかった遠隔操作 ーハノーバーメッセレポート9

ハノーバーメッセレポートの第9弾はダッソーだ。

ダッソーのブースでは、マーケットプレイスなどを含むビジネスソリューションと、3DCADによる設計とリアルの間のデジタルツインや、ラインレイアウトに関するデジタルツインが連携する様子が展示されていた。

中でも、ボッシュ・レクスロスとの提携により、同社が開発をしている多目的センサーを産業機械に取り付けることで、運転状況を可視化するという展示が行われていた。

ハノーバーメッセ ダッソー・ボッシュレックスロス

ハノーバーメッセ ダッソー・ボッシュレックスロス
VRを使うことで、設計図面から起こされた産業機器を見ることができる。IoTで吸い上げて情報を重ねることで現場も把握可能となっている。
ハノーバーメッセ ダッソー・ボッシュレックスロス
産業機械の状態はブラウザでも可視化することができる。

一方、ボッシュ・レックスロス側のブースでも、ダッソーブースにあるリアルな作業機械に対してVRヘッドセットを使うことで、ボッシュ側からでもダッソーブースの産業機械が置かれている工場の様子を見ることができ、さらに、ノキアの提供する5G通信を使って設備の状態をリアルタイムに監視し、必要であればストップすることもできるという展示が行われていた。

ハノーバーメッセ ダッソー・ボッシュレックスロス
ノキアの5G通信を利用して、遠隔にある産業機械をコントロールすることも可能だ。

関連リンク:
ダッソー
ボッシュ・レクスロス
ノキア

Previous

スマートファクトリーの現在と、展示に見る実現可能性 ーハノーバーメッセ2018レポート8[Premium]

シスコの「つながる前提の工場」でのネットワークソリューション ーハノーバーメッセレポート10

Next