meleap、ARスポーツ「HADO」のプレイデータ管理分析アプリ「HADO Connect」をリリース

企業:

株式会社meleapは5月7日、 ARを使ったテクノスポーツ「HADO」のプレイデータ管理アプリ「HADO Connect」をiOS、Androidの両OSにてリリースした。

同アプリは、これまでプレイヤーが記録できなかったプレイデータをアプリで記録できるようになり、データ管理や試合分析などが行える。また、他のプレイヤーとチームを組むことができ、チームとしてメンバー構成やフォーメーションなどの戦術思案にも活用できる。

HADO(ハドー)とは、 頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、AR技術を使ったスポーツ。3対3のチームでエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦する。現在、HADOは世界9ヶ国20箇所に店舗を展開し、延べ80万人以上が体験しているという。

HADO WORLD CUP 2017 PV

各種機能は以下の通りだ。

  • HADO Connect:
    これまで記録できなかったHADOのプレイデータを、プレイヤーは「いつでも」「どこでも」アプリから閲覧・管理できるようになる。プレイデータを元に分析が可能となり、自分自身の特徴や弱点などを知ることでスキル向上に活用できる。
  • チーム作成、参加機能:
    新たにチームを立ち上げたり、プレイヤーとして他チームへの参加などがアプリ上で行える。チームの試合結果のほか、メンバーのプレイデータもチームで共有できるため、チームのレベルアップに活用できる。
  • その他の機能:
    アチーブメント機能では、プレイ実績に応じた称号が与えられる。また、ロケーション機能ではプレイ可能なHADO ARENAの検索が行える。

【関連リンク】
meleap

Previous

マクニカネットワークス、LPWAネットワークを利用したパッケージ製品を提供

中小工場向け、1機からのロボット導入を支援:OSセミテックが産業ロボット導入コンサルティング事業を開始

Next