モルフォ、デンソーと資本業務提携。クルマ社会の安心・安全に向けた技術開発へ貢献。

株式会社モルフォは、株式会社デンソーとクルマ社会の安全・安心に貢献するため、画像処理技術、深層学習(Deep Learning)を使用した画像認識技術に関して、共同で技術開発を進めていくことを合意したと発表した。

 

デンソーは、交通事故のない社会の実現を目指し、技術・製品開発に取り組んでおり、クルマ社会の安心・安全に貢献できる技術開発の強化・加速を目指している。

同提携により、モルフォの培ってきた画像処理技術を、デンソーの電子ミラーなどの周辺監視システムをはじめとする先進運転支援での技術開発へ活かすこと、また、深層学習(Deep Learning)を自動運転に関する基礎的研究へ活用すること等を目的としている。

 

【資本業務提携の内容】

(1) Deep Learningによる画像認識技術の車載機器への適用に関する基礎的研究

(2) 画像認識技術をはじめとする各種画像処理技術を応用した、電子ミラー等の車載機器に関する研究開発・製品化

(3) 上記研究開発の成果に基づく製品・サービスのマーケティングにおける連携

 

また、両社の信頼関係を構築し、同協業をより確実なものとするため、モルフォが新規発行する株式全てをデンソーが取得することに合意した。

 

【関連リンク】
モルフォ
デンソー

Previous

YKK AP、集合住宅用のスマートドアに共用部システム「WAY PLUS」を発売

朝日インタラクティブとTHE BRIDGE、第3回「CNET Japan Startup Award」の各賞発表。最優秀賞は「スマートドライブ」に決定。

Next