トヨタ、ビッグデータ分析のALBERTに出資、自動運転開発のデータ分析分野で連携

トヨタ自動車株式会社と株式会社ALBERTは、主に自動運転技術の先行開発分野における、ビッグデータ分析において業務提携し、トヨタがALBERTに出資することで合意した。出資金額は約4億円で、トヨタは、2018年5月30日付で、ALBERTが第三者割当増資により発行する株式を引き受けるとした。

トヨタは、自動運転技術開発を促進するために、2016年1月に「Toyota Research Institute Inc.(TRI、先端研究)」を米国に設立、2018年3月に新会社「Toyota Research Institute Advanced Development(TRI-AD、先行開発)」を東京に設立するなど、AIを中心とした技術開発を進めている。

一方ALBERTは、ビッグデータ分析領域におけるソリューションの提供を2005年から続けており、近年では自動運転技術開発における画像解析分野でも積極的な展開を進めている。

両社は今回の提携により、トヨタのAI技術開発における、データ分析プロセス等を強化することが可能となり、さらなるトヨタの自動運転技術開発の加速が実現できると考えているという。

トヨタの先進技術開発カンパニーで自動運転開発を担当する鯉渕健常務理事は次のように述べている。

「『安全で、スムーズな移動を、全ての方に』というビジョン達成には、AI技術が必須であると考えています。そしてAI技術の性能を引き出すには、大量のデータをうまく扱うことが必要です。今回の連携がトヨタの自動運転技術開発を加速させることを期待しています。」

ALBERTの松本壮志社長は次のように述べている。

「自動運転技術開発をはじめとする技術革新が社会に実装され、新たな価値創造がなされるためには、AIおよび機械学習技術を中心とする高度な分析力並びにその実現性を追求するデータサイエンティストが必要不可欠です。今後も当社は、分析の高度化を目的とした、優秀なデータサイエンティスト集団の強化等を通じて『社会に求められる安全な技術革新』を支援してまいります。」

【関連リンク】
トヨタ(TOYOTA)
アルベルト(ALBERT)

Previous

NICT、5Gを活用した知的交通インフラの構築、「電子カーブミラー」でクルマの位置や速度を認識

韓国電力公社(KEPCO)の「ビハインド・ザ・メーター」プロジェクト、ArmのIoTソリューションを採用

Next