韓国電力公社(KEPCO)の「ビハインド・ザ・メーター」プロジェクト、ArmのIoTソリューションを採用

企業:

英Armは本日、韓国の公益事業会社である韓国電力公社(KEPCO)のメーターシステム変革プロジェクトにおいて、Armの各種サービスが同社に採用されたことを発表した。

複数年契約の一環として、ArmはIoTのソフトウェア/デバイス管理サービス、ハードウェアIP(設計資産)、コンサルティングの各種サービスを提供し、KEPCOにおける新たなスマート・ユーティリティの実現に貢献していくとした。

KEPCOの現行メーターシステムは、主に有線によって家庭のスマートメーターを接続しているが、Armはこうしたシステムの拡大に向けて同社と協業している。

「Arm Mbed IoT Device Management Platform」では、セキュアなコネクティビティとOTA(Over The Air)でのプロビジョニング、およびデバイス管理を行う。

このソリューションは、パブリッククラウドまたはプライベートクラウド、オンプレミス、あるいはハイブリッド環境のいずれの場合でも、企業がIoTデバイスを管理する際に必要となる柔軟性を提供する。

KEPCOは今後、Mbed IoT Device Platform、Arm Cortex-M33プロセッサ、およびArm TrustZoneテクノロジーを含むPlatform Security Architecture(PSA)を活用することで、セキュアなデバイスの開発、導入、管理を実現する計画だという。

Armは、KEPCOが数百万台のコネクテッド・ユニットを安全に実装、管理し、スマート・ユーティリティの新たなユースケースを推進するための包括的なIoTソリューションを提供するとして、以下のメリットをかかげた。

  • 容易な開発:
    Cortex-M33プロセッサなどのArmのテクノロジーと、Mbed OSの開発ツールにより、KEPCOは開発の総コストを削減し、市場投入期間の短縮や効率化を実現、スマートメーターのセキュリティを向上できる。
  • OTAによるプロビジョニングとファームウェアのアップデート:
    Mbed Cloudにより、ネットワーク機器は、いったん現場に導入すると初期設定不要で動作。また、強力なセキュリティ体制の維持に不可欠な要素として、遠隔地での管理・更新に対応。
  • エッジ側でのリアルタイム・データ収集とインテリジェンス:
    Mbed Edgeにより、KEPCOは、追加のグリッドやユーティリティ・サービス、家電製品などをつなぐスマート・ゲートウェイを導入できる。データをリアルタイムで分析することで、エネルギー消費量を最適化できる。
  • 堅牢かつ包括的なIoTセキュリティ:
    Mbed IoT Device Management Platform、Cortex-M33、およびTrustZoneにより、KEPCOはチップからクラウドまでコネクテッドデバイスをセキュアに構築、実装、管理できる。また、PSAはセキュアなネットワーク機器の開発に向けた初の業界フレームワークであり、基本原則とリソースの共通のセットによって、今日のIoTセキュリティに関わるコスト、時間、リスクを軽減できる。

【関連リンク】
ARM
KEPCO

Previous

トヨタ、ビッグデータ分析のALBERTに出資、自動運転開発のデータ分析分野で連携

東芝メモリのSDカードはデジカメ利用だけでなくスマートファクトリー利用へ —第7回IoT/M2M展レポート【Original】

Next