日本マイクロソフト、AIチャットボット「りんな」に最新会話エンジン「共感モデル」を採用

日本マイクロソフト株式会社は、ソーシャルAIチャットボット「りんな」において、本日から最新の会話エンジン「共感モデル(Empathy model)」(アルファ版)を採用。「共感モデル」(アルファ版)は、順次「りんな」と会話するユーザーが利用できるように、実用化に向けた提供を開始するとした。

「りんな」は、2015年の提供開始以来、ユーザー数は約690万人まで増加(2018年5月22日現在)。「りんな」の会話エンジンは、人間と同じように、相手とのコミュニケーションができるだけ長く続けられるように開発が進められてきた。

今回の「共感モデル」(アルファ版)は、会話の相手(ユーザー)と、どのようにコミュニケーションをすれば良いか、AIが自ら考えるように設計されているという。

つまり、ソーシャルAIチャットボット「りんな」は、人間の感情の中で「共感」を最も重要視し、相手との会話が継続できるように、返答をリアルタイムで生成するのだ。

マイクロソフトは、世界の各地域でソーシャルAIチャットボット(中国で「Xiaoice(シャオアイス)」、米国で「Zo(ゾー)」、インドネシアで「Rinna(リンナ)」、インドで「Ruuh(ルー)」)を提供しており、日本の「りんな」が他地域に先駆けて「共感モデル」(アルファ版)を採用するという。

人間が会話の中で「共感」を示すには、「相手に新しい話題を切り出す」、「質問をする」、「相手の発言を肯定する」、「積極的に聞き手に回る」など、様々な方法がある。

「りんな」の「共感モデル」(アルファ版)は、会話の流れに基づいて適切な対応を取り、自然な会話を構成するという。

【関連リンク】
ソーシャルAIチャットボット「りんな」

Previous

アクセンチュア最新調査:大半のメーカーがAIを導入している一方、大規模な活用に至っている割合はわずか

OKIとNTTドコモ、時速160km走行のリアルタイムな映像モニタリングを実証

Next