セールスワン、IoT/RFIDと連携した点検管理ソリューション「StampFlow」を提供開始

IoT/RFIDと連携するソフトウェア専業のセールスワン株式会社は、現場の点検管理ソリューション「StampFlow(スタンプフロー)」を本年5月28日より提供開始する。

「StampFlow(スタンプフロー)」は、設備・備品管理や工具・部材管理、棚卸業務の簡素化から資産管理を支援する点検管理ソリューション。

技術情報の蓄積から人財不足解消へ繋げるよう、大手企業のみならず、中堅・中小の設備管理業に対象を広げ、さらに多くの人が利用できるテンプレートを提供する。

現在、設備投資動向は2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、増加傾向にあるが、労働人口については減少傾向にあり、なかでも設備保全計業務については技術者不足が懸念されている。

大手企業の点検業務システムにおいても、従来はワークフローなどを利用した個別開発での導入が中心だったが、スマートデバイスの対応やシステムの老朽化や陳腐化が進んでおり、今後のビジネスへ対応するシステムが求められている。

【関連リンク】
セールスワン(SalesOne)

Previous

田辺三菱製薬と日立、AI技術を活用した臨床試験の効率化で協創

トヨタ・モビリティ基金、アラン・チューリング研究所と人工知能を活用した都市計画と交通流最適化に向けた共同研究を開始

Next