KDDIシンガポールとフレクト、リアルタイム車両管理「Cariot」を東南アジア・中東地域へ共同展開

KDDI株式会社は、KDDIの海外現地法人であるKDDI Singapore Ltd (以下、KDDIシンガポール) と株式会社フレクトが、リアルタイム車両管理「Cariot (キャリオット)」を東南アジア・中東地域の法人の顧客へ共同展開すること発表した。

「Cariot」は、車両のシガーソケットなどにデバイスを差し込むだけで、インターネット経由で車両の速度、走行距離、エンジン回転数、燃費、主電源電圧などの情報をデジタルデータとして取り出せる法人の顧客向けリアルタイム車両管理サービス。

車両の情報を可視化できるため、コンプライアンス強化や安全性の向上につながり、コスト削減や業務効率化が期待できる。

株式会社ソラコムの”グローバル向けAir SIM”を活用し、国境を越えて走行した際は、各国で自動的にローミングする。

東南アジアは複数の国が隣接しており、国をまたいで車両が走行するケースが多く、車両のトレーサビリティ管理に課題があった。

また、急発進等の危険運転から発生する事故も多く、ドライバーへの啓蒙も重要な企業課題だという。

KDDIシンガポールは、販売元として、まず、東南アジア・中東地域の日本法人向けに展開し、その後、現地法人への販売を強化。対応する国を拡大していくという。

【関連リンク】
ケイディーディーアイ(KDDI)
フレクト(Flect)
ソラコム(SORACOM)

Previous

富士通研究所、IoTデバイスへのサイバー攻撃の影響を最小化するネットワーク制御技術を開発

マルイ農協とNEC、AIを活用した斃死鶏発見システムを共同開発

Next