経済産業省、IoT分野におけるインドからの対日直接投資を促進

経済産業省は、日印首脳共同声明を受けて、IoT分野におけるインドからの対日直接投資を促進させるため、「日印・IoT投資イニシアティブ」を推進すると発表した。

 

【背景】

12月12日(土)、安倍総理は訪問先のインド・デリーにおいて、インドのモディ首相とともに日印首脳共同声明に署名し、IoT分野におけるインドからの対日直接投資を促進させることを表明した。

今後、多くの産業分野において、IoTによるイノベーションが起こっていくことが期待されることから、これまで、我が国では、この担い手となるIT人材等の海外からの受入れを促進しているところだ。

インドにはIT分野で優れた技術を有する企業が多数存在することから、IoTによるイノベーションに貢献す るインドIT企業の対日投資の拡大や、これらインド企業と日本企業との業務提携等を推進することにより、我が国におけるIoTによるイノベーションの更な る進展が期待される。

 

【施策の概要】

日印・IoT投資イニシアティブにおいて、具体的に以下の施策を実施する。

(1)ジェトロ(日本貿易振興機構)本部におけるインド人スタッフの常駐
ジェトロ対日投資部(東京)にインド人スタッフを配置し、日本への投資を希望するインド企業からの相談対応を行う。

(2)ジェトロ在インド事務所への専任スタッフの配置
ジェトロ在インド事務所(ニューデリー、チェンナイ、バンガロール、ムンバイ)に対日投資専任スタッフを配置し、日本への投資に関心のある企業の発掘及び相談対応を行う。

(3)IoTに重点を置いた対日投資セミナーのインドでの開催
平成28年2月にバンガロール及びムンバイで対日投資セミナーを開催。

(4)IoTに重点を置いたマッチングセミナーの日印両国での開催
平成28年度中に、インドIT企業と日本企業のマッチングセミナーを日本及びインドで開催。

 

【関連リンク】
経済産業省

Previous

IoT推進ラボ 第1回テーマ別企業連携・案件組成イベント(IoT Lab Connection)を開催

豊田市、プロドローンとフカデンと、ドローンに関するミライ・チャレンジパートナーシップ協定締結

Next