BlackBerry、コネクテッドカーのセキュアな車車間・路車間(V2X)通信の実現を支援

BlackBerry Limited(以下、BlackBerry)は、5月31日の「National Autonomous Vehicle Day(ナショナル自動運転車デー)」を記念し、エグゼクティブメンバーとしてOmniAirコンソーシアムに参画したことを発表。今後、コネクテッドカーと高度道路交通システム(ITS)向け技術の試験・認証・導入の促進を支援していくとした。

なお、同社は本年5月に行われた「OmniAir MotorCity PlugFest」において、V2X証明書の相互接続試験に成功したと発表した。

SCMS~V2X通信を支えるセキュアなシステム

V2X通信は、コネクテッドカーの先進的な機能であり、自動車、路側機、都市インフラ、スマートデバイスの間で、リアルタイム通信を実現する技術。

V2Xのコネクティビティがもたらす情報は、より安全な走行を可能にするほか、モビリティの最適化と交通の向上を通じて、事故の防止、渋滞の解消、排出ガスの低減にもつながる。

しかし、V2X技術の実現には、自動車同士や信号・道路標識などの間で送受信されるすべてのメッセージにおいて、サイバーセキュリティの確保と高い信頼性の検証が鍵となる。

悪質なハッカーたちが不正にV2X上のメッセージにアクセスし、公益を害することができないような設計を施すことが必要だ。

2018年秋に提供開始予定のBlackBerryのセキュリティ認証管理システム(以下SCMS)は、不正からメッセージを保護する電子署名と、信頼できる送信元を特定する証明書の2つの方法で、車車間・路車間の通信におけるセキュリティを担保するものだという。

OEM、サプライヤー、都市インフラ産業メーカーや路上機器産業メーカーは、BlackBerryのSCMSにより、今後、車載用組み込みシステムにV2Xのセキュリティプロトコルを実装することが可能。

コネクテッドカーやネットワーク機器は、SCMSに登録され、認可された認証局からセキュリティ証明書を取得し、これらの証明書を使用したV2Xメッセージに署名できるようになる。

コネクテッドカー技術の試験・認証・導入の発展

OmniAirコンソーシアムは、堅牢でセキュアな協調走行用の通信システムの技術開発を促進するべく、車車間(V2V)、路車間(V2I)、車車間・路車間(V2X)の各種デバイス向けの試験・認証プログラムを開発している。

また、OmniAirコンソーシアムのメンバーは互いに協力し合い、セキュリティと相互運用可性に優れたコネクテッドカー技術の普及を推進しており、技術的な課題への取り組み、独立した第三者機関による試験・認証の促進においても連携している。

【関連リンク】
ブラックベリー(BlackBerry)

Previous

オカムラと日本IBMが協業、AIを活用した議事録作成支援ソリューションを提供

NECとFiNCが共同開発、靴やインソールに搭載したセンサーから健康状態を把握

Next