ダッソー、材料情報管理システムの英Granta社と協業

ダッソー・システムズ(以下、ダッソー)は英国のグランタ・デザインとの協業を発表した。ダッソーの3DEXPERIENCEプラットフォームとグランタ・デザインの材料情報管理システムであるGRANTA MIの統合により、生産性の向上とコラボレーションの促進を図るとしている。

GRANTA MIとの統合により、企業のプロダクト・イノベーション・チームは3DEXPERIENCEプラットフォームから、企業の材料データベースにある承認済みの情報を直接利用できるようになる。

設計者、エンジニア、シミュレーション アナリストなどの関係者が、材料やその特性について正確かつ一貫した情報に素早くアクセスでき、構造的な挙動、コスト、対象となる規制、コンプライアンス、持続可能性に関する要件の適否を確認できるという。

「材料の探索に3DEXPERIENCEプラットフォームを利用されている科学志向のお客様は、さらに自信をもって、より柔軟にイノベーション・プロセスを推進できるようになります」と、ダッソーのBIOVIA CEO、Leif Pedersen氏は述べている。

「テニスラケットの硬度から、車のシートのクッション性、積層造形に適した材料に至るまで、適切な材料を探し出し、割り当てる能力は、直接、ユーザー・エクスペリエンスに影響を及ぼします。

一方で、顧客は製品に投資する際、環境への影響に対する意識を高めつつあり、その現状にも対応していくことが必要です。弊社のお客様企業は、製品イノベーション・プロセス全般にわたり、自社で使用している材料について理解を深めることを求められています」

ダッソーは、次世代の製品やエクスペリエンスにおいて、材料は主力となる存在だとしている。より軽量で高速な航空機や自動車をはじめ、柔軟性のあるハイテク機器、スマート衣類、3D プリントで作成する医療機器など、どれをとっても、開発には材料が必要となる。

設計、開発、製造の全プロセスを通じて、材料データへのアクセス性を向上し、その一貫性を高めていくことが、イノベーションを促進するのみならず、製品の市場展開までに必要な時間を短縮し、製品の設計エラーや性能低下に関するリスクを削減するとしている。

【関連リンク】
ダッソー・システムズ(Dassault Systèmes)
グランタ・デザイン(Granta)

Previous

COMPUTEX Taipei2018にみる、コンピュータ産業の盛衰[Premium]

TIS、エンタープライズ向けブロックチェーンの米R3社と資本・業務提携

Next