サイバネット、ソニーの高機能・高精度ARエンジン「SmartAR®」SDK販売開始

サイバネットシステム株式会社は、ソニー株式会社が開発した高機能・高精度AR(※)エンジン「SmartAR®(スマートエーアー ル)」のSDKライセンスについて、その販売元であるソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社(以下「SDNA」)と販売代理店契約を締結 し、2016年1月より販売を開始することを発表した。

 

【拡大するARの市場ニーズ:観光・販促ツールから業務活用へ】

サイバネットでは本年10月、だれでも安価で簡単にARコンテンツを作成して配布できるARポータルサービス「cybARnet(サイバーエーアール)」 の提供を開始したが、今回の代理店契約により、より高機能なARアプリを開発したいというハイエンドのニーズにも応えらえるようになった。

特にここ数年、サイバネットには従来からのARを用いた観光や販売促進の分野に加え、設計・製造、製品メンテナンス、品質管理、販売支援、ユーザーサポー トなどの業務ツールとしてARを利用したいというニーズが多く寄せられARによる業務支援システム等の開発やサービス提供を行っているが、今後は SmartAR®の高い性能をこれらに生かすことが可能となる。

※ AR(Augmented Reality:拡張現実)とは:
カメラなどを通してみる現実の背景に、画像認識技術や位置センサーなどの情報をもとにして、デジタル情報を重ねて表示する技術

 

【ソニー 開発 高機能・高精度ARエンジン「SmartAR®」とは】

SmartAR®は、ソニーが従来から研究開発を進めてきた「物体認識技術」と、ソニー独自の「3D空間認識技術」を統合した高機能・高精度なARエンジ ン。ARにとって重要な初期認識性能、高速追随性能に優れ、また、3D空間認識により三次元構造を認識し、空間全体を利用した大規模でリアルなARを 実現することが可能。

また、マルチプラットホームでの開発に対応しており、Android、iOS、Unityでのスマートフォンアプリの開発だけでなく、Windows用 SDKを使ってパソコン用のARアプリの開発も可能で、大型ディスプレイを使ったデジタルサイネージ用のARコンテンツ等を作成することもできる。

■ SmartAR®のSDKライセンス価格(いずれも価格は税別)
– Standard版(Android/iOS/Unity 対応):1アプリIDにつき100,000円
– Enterprise版(Android/iOS/Unityに加えWindows 対応)1,000,000円/年
※ Enterprise 版には以下のサービスが含まれます。
① 1年間、アプリ数に制限なく開発・配布が可能
② 契約期間中は常に最新のバージョンを提供
③ 電話もしくは電子メールで日本語のテクニカルサポート

 

【関連リンク】
サイバネット
ソニー
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ
SmartAR

Previous

フューチャーベンチャーキャピタル、量産化試作にフォーカスしたベンチャー支援プログラム「Makers Boot Camp」を運営するDarma Tech Labsと資本業務提携

WAO、ロボットプログラミング教室「WAO! LAB(ワオラボ)」無料体験会実施

Next