オムロン、中国における制御機器の第2工場増設

オムロン株式会社は、中国の製造現場における旺盛な自動化需要を捉え、制御機器の生産を担うオムロン上海有限公司(中国上海市)に第1工場に続く、第2工場(以下、OMS第2工場)を増設する。

中国では、製造現場の人件費高騰や人手不足が深刻化する中、製造現場の自動化が急速に進んでいる。また、中国政府が主導する「中国製造2025」の下、製造現場のスマート化に向けた自動化や省人化投資として、制御機器や産業用ロボットの需要が拡大し続けている。

これらの需要を捉え、オムロンは、OMS第2工場を増設し、2020年度時点で中国において2017年度比2倍の生産能力を確保し、中国を中心にグローバルに需要の高まり続ける光電センサーや近接センサーなどのファクトリーオートメーション用制御機器を増産する体制を構築。

また、第1工場内には、産業用ロボットの生産ラインを新設し、拡大する中国の産業ロボット市場に対応する生産体制を整えるとしている。

「中国製造2025」の節目となる2025年までを見据え、ロボットや制御機器の供給を担保できる最適な生産能力を確保すると共に、自らも人件費高騰などの影響を吸収する高い柔軟性と生産性を持つ、生産ラインを構築するという。

オムロンはOMS第2工場をオムロンが目指すモノづくり現場を革新するコンセプト“i-Automation!”のモデル工場と位置付け、中国に生産工場を有する製造業各社に課題解決策を提示することで、「中国製造2025」の実現に貢献し、中国市場における事業のさらなる拡大を目指すとしている。

【関連リンク】
オムロン(OMRON)

Previous

大東建託パートナーズ、丸紅情報システムズのクラウドAI音声認識サービス「MSYS Omnis」を試験導入

アプリックス、屋内測位/位置情報システム市場向けソリューション「groma(仮称)」を発表

Next