NEC、AIを活用し設計ナレッジの継承を支援するPLMソリューション「Obbligato III」を販売

NECは、設計図面・仕様書・部品表などの製品技術情報を一元管理するPLM(Product Lifecycle Management)ソフトウェア「Obbligato III(オブリガート スリー)」において、AI(人工知能)を活用した設計支援機能などを強化し、本日より新製品の販売活動を開始する。

新製品「Obbligato III R4.3」の価格(税別)は最小構成360万円からで、提供開始時期は本年12月。今後3年間で計150社の導入を目指す。また、「Obbligato AI Option」の価格は未定で、提供開始時期は2019年を予定しているという。

Obbligatoシリーズは、約900社への導入実績を有するNECのPLMソフトウェアだ。新製品では、NECのAI技術である「RAPID機械学習」を活用して、ベテラン技術者の勘と経験を可視化し、経験の浅い技術者を支援する機能をオプションで提供。これにより、経験の浅い技術者の早期立ち上げや設計品質の低下防止を支援する狙いだ。

また、オープンソースソフトウェア(OSS)のデータベースであるPostgreSQLへの対応や、製造工程や生産設備などの製造プロセス情報(BOP:Bill of Process)管理における操作性向上などの基本機能も強化。これにより、柔軟かつ低コストでPLMシステムの導入・運用が可能になるとしている。

AI技術を活用した経験の浅い技術者向けの設計ナビゲーション機能を提供

NECのAI技術群「NEC the WISE」の1つであり、ディープラーニング(深層学習)技術を搭載した「RAPID機械学習」を組み合わせ、設計業務の経験が浅い技術者向けに設計ナビゲーション機能を提供。

ベテラン技術者が、製品・部品を設計する際にどのような技術情報(図面や仕様書など)を検索・参照・更新したかの操作履歴(ログ)を蓄積し、AIが学習して可視化。経験の浅い技術者が設計する過程や製品・部品毎に応じて、PLMに蓄積された膨大な技術情報の中からおすすめの参考情報を提示して設計作業を支援する。

これにより、技術者の習熟度のばらつきによる設計品質の低下を防ぎ、経験の浅い設計技術者の早期立ち上げを実現するとしている。

PostgreSQLへの対応やBOP管理の操作性向上などの基本機能を強化

これまで対応していたOracle Database加え、今回新たにOSSの1つであるPostgreSQLに対応。これにより、顧客の環境に合わせてデータベースを選択できるため、柔軟かつ低コストでのシステム構築・運用が可能。 また、工程設計などを行う生産技術者の利用シナリオの検証により、BOP管理における操作性向上を実現したという。

【関連リンク】
「Obbligato III(オブリガート スリー)」

Previous

ファーウェイ、クルマをデジタル化する「OceanConnect IoV Platform」を発表

5G標準仕様策定が完了、商用化に向けて業界が加速

Next