Apple Watch OS2発表!

日本時間の6月9日未明に開催されたWWDC基調講演で、「watchOS 2」が発表された。

まだ発売して間もないのに、もう2か!言いたくなるところですが、秋にはリリースされるということだ。

今回の発表で先日発売されたもののいまいちなところがかなり改善されているようだ。

正直、これなら、2を待てばよかった!と悲鳴を上げる人も多いだろう。

 

ネイティブアプリが動くようになる!

Apple Watch2
ネイティブアプリが動くようになった

これまでiPhoneがないとなんにもできない、このスマートウォッチはなんなの?という意見も多かったのですが、今回はネイティブアプリが動くそうだ。

これで、やっとランニングの時にiPhoneを持っていかなくていいのかと思うと、ほっとする。

apple watch2
様々な機能が追加になった

しかも、Taptic Engine、Digital Crown、加速度センサー、心拍センサー、スピーカー、マイクといった機能をアプリケーションが活用できるようになったということだ。

デジタルクラウンをくるくる回すと、例えば、スマートホームの分野で家の照明を調光したりすることもできるようになる。

 

時計の文字盤をカスタマイズ可能に

これは、もっとも多い要望だとおもいます。時計の文字盤にアプリケーションとして情報を出すことができるようになるということだ。

apple watch3
時計の文字盤が制御できるようになる

例えば、上の例だと、ユナイテッド航空のフライト情報がチェックできるというデモだ。

apple watch2
文字盤に世界の景色が表示される

また、文字盤には、美しい世界の風景が表示されたり、

apple watch2
好きな写真を文字盤に

好きな写真を文字盤に表示することができるようになるそうだ。

手首を上げるたびに写真を変えるということもできる。

サードパーティ製のカスタム文字盤にはやはり対応していないようだ。

他にも既存機能の改善や、あたらしいセキュリティ機能などもあるのだが、大きくこの辺の改善は多くの人にとって歓迎されることだろう。

特に、独立したアプリケーションが動くこと、アプリケーションの操作をデジタルクラウンやマイクなどを通して行えることから、スマートホームをはじめとする、IoT社会の発展へのハブになる可能性を大きく持つことになったといえる。

 

参考: Apple WatchOS2 プレビュー

Previous

半径6kmのみんなが、飼い主になる。迷子犬発見アプリ「FINDOG」登場。

Beacon事業を統合的・継続的に支援可能なソリューション。新サービス「Beacon Platform」の提供開始

Next