KTC、工具のIoTソリューション 「TRASAS(トレサス)」シリーズを発売

作業工具メーカーの京都機械工具株式会社(KTC)は、ものづくりの現場でトレーサビリティを実現するシステム「TRASAS」シリーズを発売した。

「TRASAS」には「TRAceability Sensing and Analysis System」の意味があり、工具や測定具にセンシングの要素を取り込み、その測定データをデバイスに送信できるシステム。作業の履歴を自動的に「記録・管理・分析」できる。

ハードウェアである測定具+作業支援デバイス+システムソフトウェアからなり、測定具で測定したデータを無線でシステムソフトウェアへ転送。スマートグラスでのトルク値確認、RFIDタグ付きボルトの使用による締結ボルトの自動認識など多様なIoT技術を用い、産業の現場をインターネットとつなげる。

製品の第一弾として、既存の工具に装着することで、作業トレーサビリティを可能にする「トルクル」シリーズ、自動車整備工場の点検・記録業務における工場全体の「安全」「快適」「能率・効率」を向上させる「TRASAS for AUTO」シリーズをリリースした。

ものづくりの現場のトレーサビリティを実現する 「TRASAS(トレサス)」シリーズを発売

【関連リンク】
京都機械工具(KTC)

Previous

IoTビジネス化の実現をサポートする 「IoTの窓口 byGMO」の取り組み -GMOクラウド CEO青山氏インタビュー[PR]

西菱電機、LoRaWAN対応センサーを用いたスマート農業を兵庫県伊丹市で実施

Next