OISTとDEEPCORE、産学連携によりAIの社会実装を推進

沖縄科学技術大学院大学(以下、OIST)とAI特化型インキュベーターである株式会社ディープコア(以下、DEEPCORE)は、両者の連携推進に係わる覚書を2018年4月2日に取り交わした。

両者は、グローバルに通用するイノベーションを日本から生み出すことを目指し、AI分野を中心に、共同プロジェクトや情報連携などを行い、産学連携で先端技術の社会実装を推進するとした。

AIやロボティクス、IoTをはじめ、さまざまな領域での技術革新が進み、グローバル規模で産業構造が急速に変化する中、研究機関や企業が連携するオープンイノベーションを推進し、国際競争力を高めることがますます重要となっている。

OISTには、神経科学、数学・計算科学、物理学、理論といった多面的なアプローチでAI関連研究を進める研究グループをそろえ、起業家育成や、沖縄における技術開発と商業化のハブとしての機能も高めている。

DEEPCOREは、AI、特にディープラーニング分野の若手起業家育成を目指すインキュベーターだ。

AI技術者や研究者向けのコミュニティ&コワーキングスペース「KERNEL HONGO」を今夏オープンするとともに、企業や研究機関等と連携したエコシステムを構築し、世界に破壊的イノベーションを起こす起業家を育成するとした。

具体的には、OISTの研究者と、DEEPCOREが支援するAI技術者、研究者、AI応用分野のビジネス人材、起業家が連携する共同プロジェクトを推進。双方の知見や事業アイデアを組み合わせ、AIの社会実装を目指す。

【関連リンク】
沖縄科学技術大学院大学学園(OIST)
ディープコア(DEEPCORE)

Previous

オムロン、「予知保全」機能を搭載した次世代スカラロボット「i4シリーズ」を発売

システムデザイン開発のスマート農業サービス「nexag」がBIGLOBEモバイルを採用

Next