システムデザイン開発のスマート農業サービス「nexag」がBIGLOBEモバイルを採用

システムデザイン開発株式会社のクラウド型スマート農業サービス「nexag(ネクサグ)」は、ビッグローブ株式会社が提供する月額400円(税別)(※)の「BIGLOBEモバイル」低速100MBプランのデータSIMを採用した。

「nexag」は露地栽培に特化した農業管理システムで、温度、湿度、肥料濃度などのセンシングと分析を行えるほか、営農日誌をクラウド上で一括管理ができる。

また、1km四方単位の天気予報状況を提供しているため、広大かつ離散した畑を耕作する農家の効率的な農場経営をサポートする。

利用者はパソコン、スマートフォンからリアルタイムにセンシングした情報を確認できるほか、営農日誌にノウハウを蓄積することで後継者の育成にも活用可能だ。

「nexag」はシステムデザイン開発が、4年以上農家の作業を実際に手伝いながら現場のニーズを吸い上げて構築したスマート農業サービス。

20km離れた畑にトラクターで出かけても、雨が降っていたら移動時間、ガソリン代が無駄になってしまう。限られた人数で広大かつ離散した畑を耕作していくためには、畑ごとの降雨量、土壌の状態、ピンポイント天気をあらかじめ確認することが重要だ。

システムデザイン開発社は、「nexag」の農家導入にあたっては、低コストで手間がかからないことが重要だと考え、IoTデバイス向けに月額400円(税別)で利用できる「BIGLOBEモバイル」低速100MBプランを採用した。

(※)別途、BIGLOBEオフィスサービス・基本コース(管理者)月額基本料500円(税別)の契約が必要。また、初期費用としてSIMカード1枚につきプラン申込手数料3,000円(税別)、SIMカード準備料394円(税別)がかかる。nexagの導入、運用費用は含まれない。

【関連リンク】
スマート農業「nexag」
ビッグローブ(BIGLOBE)

Previous

OISTとDEEPCORE、産学連携によりAIの社会実装を推進

農業ベンチャーのグリーンリバーホールディングス、IoTを利用した関連特許5件を取得

Next