AIで既存の動画からスローモーション映像を生み出す:NVIDIAブログ

NVIDIA の研究者チームが、30 フレーム/秒の動画から高品質なスローモーション動画を生成することができるディープラーニング ベースのシステムを開発したという。

研究論文では、「人生には、わが子が初めて歩いた瞬間、スケートボードの高難度トリックが決まった瞬間、犬がボールをキャッチした瞬間など、肉眼ではっきりととらえることが難しく、スローモーションで撮影したくなる記念すべき瞬間が幾度も訪れる。

携帯電話で 240 フレーム/秒の動画を撮影することは可能だが、すべてを高フレーム レートで撮影するとモバイル デバイスのメモリを圧迫し、バッテリーを大量に消費するため現実的でない」と説明。

この研究によって、撮影された映像からスローモーション動画を生成できるようになるという。

チームは、NVIDIA Tesla V100 GPU と cuDNN アクセラレーテッド PyTorch ディープラーニング フレームワークを使用して、日常やスポーツに関する活動を 240 フレーム/秒で撮影した 11,000 本を超える動画に基づきシステムのトレーニングを行った後、その畳み込みニューラルネットワークに追加フレームを予測させた。

また、システムの精度の検証には別のデータセットを使用した。その結果、低フレームレートで撮影された動画をより滑らかで鮮明なものにすることができたという。

同チームは、「私たちの手法では、空間的にも時間的にも整合のとれた中間フレームをいくつも生成できます。このマルチフレーム アプローチは、最新のシングル フレーム手法よりも一貫して優れています」と報告している。

Research at NVIDIA: Transforming Standard Video Into Slow Motion with AI

また、この研究を実証するため、チームは「The Slow Mo Guys」 (主演のギャビン・フリー (Gavin Free) 氏とその友人のダニエル・グルッチー (Daniel Gruchy) 氏が手掛ける、スローモーションを使ったサイエンス & テクノロジエンターテイメントで人気の YouTube シリーズ) から一連のクリップを用い、さらに低速の動画を制作した。

この手法では、「人生の最も大切な瞬間が含まれる日常の動画」を撮影して低速で再生し、お気に入りの映画のようなスローモーション シーンに仕立てることが可能で、緊張感や強調、期待感を加えることができるという。

【関連リンク】
エヌビディア(NVIDIA)

Previous

Beaconのそばを通るだけで時刻を記録、アプリックスがスマート打刻サービス「DAKOQ(ダコク)」を発売

靴のIoT中敷で健康管理

Next