クアルコムがアウディ・ドゥカティ・エリクソンらとセルラーV2X直接通信のライブデモを実施

クアルコムは、アウディ、ドゥカティ、エリクソン、SWARCO、カイザースラウテルン工科大学とヨーロッパ初のオートバイ、自動車、路側インフラストラクチャー間でのセルラーV2X直接通信のライブデモをドイツ・インゴルシュタットで実施した。

デモでは、Qualcomm 9150 C-V2Xチップセットソリューションを搭載したAudi Q7・Audi A4・Ducati Multistrada 1200 Enduroにより、交差点での衝突に対する警告など、オートバイと自動車の間でよく起きる状況に対してセルラーV2X技術がいかに安全性向上に活用できるかが検証されたという。

昨年1月、クアルコムは、アウディ、エリクソン、SWARCO、カイザースラウテルン工科大学と、セルラーV2Xのトライアルを実施するコンソーシアム「Connected Vehicle to Everything of Tomorrow (ConVeX)」の結成を発表していた。

セルラーV2X技術はグローバルに自動車業界・通信業界によりサポートされており、アウディ・エリクソン・クアルコムが共同創設企業でもある「5G Automotive Association(5GAA)」は現在、85社以上が加盟している。

Previous

ソラコムの新機能、「Krypton」「Lagoon」 ーSORACOM Discovery2018レポート1

成田空港、AIを活用した自動装着機能付き搭乗橋を試験導入

Next