トヨタ、車両データを活用した道路保守点検に関する実証実験を豊田市と開始

トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、コネクティッドカーから取得されるビッグデータを活用し、道路の保守点検に生かす技術についての実証実験を、豊田市と本年8月1日より開始する。

一般的に、道路は日常のパトロールや定期的な調査により、維持管理されている。道路の状態を把握することは、生活の利便性を保つだけではなく、事故の未然防止や地震等災害発生時の避難ルート確保などの安心・安全を提供することにつながる。

トヨタはこれまで、車両に搭載しているテレマティクス機器を通じて収集したデータを統計処理したうえで、災害発生時の安全な走行のために「通れた道マップ」として情報を提供してきた。

今回、さらに、車両の挙動情報を分析する技術を応用することにより、路面の劣化状態を数値化することが可能となり、実用化に向けて開発を進める。

豊田市における実証実験では、車両の挙動情報より算出した道路劣化の指標値と実際の路面状態との整合性を、より広域の一般道で検証。更に、豊田市の道路保守点検業務をより高精度かつ合理的に実施できるような行政サービスの支援に向けて、同技術の更なる改善を図るとしている。

トヨタは、コネクティッドカーにより取得した車両データ(交通情報プローブや車両挙動データ)を「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」上で抽出・ビッグデータ分析を行い、道路劣化情報として提供するとともに実態との相関を分析する。

Previous

ソフトバンク、準天頂衛星「みちびき」による測位が可能なサービスを法人向けに提供開始

村田製作所とSCSK、生産性向上ソリューション「m-FLIP」を共同で提供開始

Next