小田急不動産がKDDIと業務提携、ホームIoTサービスを提供開始

小田急不動産株式会社は、KDDI株式会社が提供するホームIoTサービス「with HOME」を小田急沿線内の分譲住宅へ導入し、第1弾として本日より「リーフィア世田谷砧」にてサービスの提供を開始した。

小田急不動産は、ホームIoTサービス第1弾として、同社が世田谷エリアで分譲する戸建て住宅に「with HOME」を導入。モデルホームで体験が可能だ。

「リーフィア世田谷砧」のほか、9月より販売を予定している「リーフィア世田谷松原」でもホームIoTサービスを導入する。今後は同社管理の賃貸住宅や、同社が取引をした既存住宅についても同サービスを順次提供していく。

KDDIの「with HOME」は、月額490円(税抜)でサービスを利用できる。

【関連リンク】
「小田急不動産株式会社×with HOME」専用申込みサイト
小田急不動産(Odakyu Real Estate)

Previous

テラドローン、ドローンを用いた交通量計測ソフトウェアを開発

オプティム・ランドログ・コマツ、 「平成30年7月豪雨」の災害支援でドローン測量を無償で実施

Next