DJI、2016年度開発者コンテスト「2016 DJI Developer Challenge」開催と新たなMobile SDK 3.0を発表

DJIは、2016年度の開発者コンテスト「DJI Developer Challenge」の開催と、ドローン向けにより堅固なエコシステム・アプリケーション開発を可能にする新たなバージョンのソフトウェア開発キットを1月4日に発表した。

「DJI Developer Challenge」は、今年で3年目を迎える。新しいMobile SDK 3.0は、これまでで最もオープンで柔軟性があり、また使いやすいソフトウェア・プラットフォームだ。コンテストの参加者は、新しく再設計された Mobile SDK 3.0、Onboard SDK、そして、Guidance SDKなど、DJIのSDKパッケージをベースにアプリケーションを構築することが可能になる。

 

【2016 DJI Developer Challenge】

DJIは、フォード・モーター社と国連開発計画(UNPD)と共同で、今年の開発者コンテストを開催する。最近の空撮技術の発展は、災害救助活動により大きな恩恵をもたらしており、緊急事態に対応する部隊、NGO、また政府部門などのドローンを使用する頻度は世界中で高まっている。

今年、DJIが開発者に課したチャレンジは、理論的な捜索と救助のミッションにフォーカスしたものだ。参加者は、移動中の車両から自律的にドローンを離陸させ、生存者のいる場所のデータを収集し、災害地から車両まで情報を配信する。また、離陸した場所に再び自動的に着陸することができるアプリケーションの構築が求められている。

第2ラウンドに進めるのは15チーム。これらのチームには、DJIのフラッグシップSDK空撮プラットフォームのMatrice100とMatriceに装着するZenmuse X3カメラが提供される。各チームは、最終まで進捗レポートを報告。決勝に進めるのは10チームで、最終審査では、参加者は独自のアプリケーションを使い、移動中のフォードのF-150ピックアップトラックからドローンを離陸させ、データの収集、配信、そして着陸までの捜索・救助プロセスをシミュレーションする。

優勝者への賞金はUS$100,000で、世界中の学生と開発者に出場権がある。

昨年の優勝者は、ダラスのテキサス大学のUT-Droneflyとペンシルベニア州立大学でした。彼らのアプリケーションは、安全かつ効率的な送電調査を実行できるように設計されたものだった。2014年に開催された第1回目の開発者コンテストの優勝者は、華南理工大学のTeam BetterWで、彼らが開発した科学捜査アプリケーションは、高速道路での事故に特化したものだった。

2016年度の DJI Developer Challengeの詳細については、こちらのサイトを参照。

 

【DJI SDK 3.0 Suite】

2016年度のDJI Developer Challengeの開催に伴い、DJIは、iOSおよびアンドロイド向けの新たなソフトウェア開発キットを発表した。

SDKのユーザー、そしてパートナーのフィードバックを受け、DJIのエンジニアは、SDKの設計をゼロから再構築し、簡略化を行った。Mobile SDK 3.0は、強力な新機能を備えており、開発者が効率的かつスピーディーに開発が進められる使いやすいインターフェースを実装している。Mobile SDK 3.0 は、Phantom 3 シリーズ、Inspire 1 Pro、Matrice 100、Zenmuse X3, X5 カメラ、そしてOsmoなどDJIの最新空撮プラットフォームをサポートしている。

新たなMobile SDKは、カメラ、ジンバル、飛行状況システム、インテリジェント・フライト・ミッション、およびフライト・コントロール・データなどの搭載システムをさ らに強固にコントロールする。これにより開発者には、柔軟性と可能性が与えられる。以下はその他の新機能だ。

・開発者レベルの除去:全ての開発者が一連のSDKにアクセスして、インストールの割り当てに制限がない一括アプリケーション・プロセス
・ミッション・マネージャーとカスタム・ミッション:開発者が複数のミッションを組み合わせて、より少ないコーディングでカスタム・ミッションの作成が可能(例:標準ウェイポイント、フォローミー機能、そしてReturn-to-waypoint(ウェイポイントに戻る)を迅速に統合)
・iOSへのブリッジ・アプリケーションとリモート・ロガー機能:ラボやフィールドでアプリケーションのデバッグ作業、プロファイリング、ロギングが可能となるアプリケーション開発ツール

DJI R&D部門の副社長であるロバート・シュラブは「スタートアップ企業、開発者コミュニティーに対するDJIのサポートは、新たなUAVアプリケーションの開発にとどまらず、地盤調査、3Dマッピング、在庫追跡など、異なる分野における新たなビジネスチャンスへのサポートも行っています」と述べている。

Mobile SDK 3.0は、2016年1月9日にリリース予定。詳細は、こちらのサイトを参照。

 

【関連リンク】
DJI
フォード
2016 DJI Developer Challenge
Mobile SDK 3.0

Previous

「オフィスをクラウドでデジタライゼーションする」 株式会社内田洋行 営業統括グループ第2企画部 部長 村田義篤氏 -第19回八子クラウド座談会レポート(5)

RFaxisがIoT向けCMOS RFフロントエンドICのポートフォリオを拡大

Next