Moff Bandを活用したゲーミファイド・フィットネス・アプリ『PAC-MAN POWERED BY MOFF™』の先行デモを公開「CES 2016」

日常の動作活動をゲームに変えることができるスマート・ウェアラブル製品「Moff Band」を提供する株式会社Moffは、株式会社バンダイナムコエンターテインメントと共に、自社が提供する”ゲーミファイド・フィットネス・プラットフォーム”を活用したアプリとして今春に配信開始予定の『PAC-MAN Powered by Moff」の先行デモを米国ラスベガスで開催される「CES2016」で初公開した。

この事業は2015年9月のバンダイナムコエンターテインメントによるMoffへの出資に続く、両社による協業事業の第一弾となるという。

『PAC-MAN Powered by Moff』は今春アプリ配信予定となっており、これを皮切りに、今後はフィットネス事業者を中心とした法人向けのソリューションサービス提供も検討していくとのことだ。

『PAC-MAN Powered by Moff』のデザインはクラシックなものだが、そのゲーム体験は全く新たな革新的なもので、スマートフォンやタブレットとBluetoothで接続する 「Moff Band」を身につけ、ユーザー自身の腕の動きを利用して「PAC-MAN」を上下左右に動かし、迷路の中で「PAC-MAN」をアクティブにコントロールする。
正式なアプリローンチ時においては、ユーザーが「PAC-MAN」をゴーストから逃れさせたり、パワークッキーを取りに行かせたりするといった基本的なゲーム設計を維持しつつも、更にフィットネスの要素を追加したゲーム体験となる予定とのことだ。

「Moff Band」は「2016 KAPi(Kids at Play Interactive)Award」において「Best Digital/Physical Bridge」部門を受賞する他、米国大手クラウドファンディングサイト”Kickstarter”でわずか48時間で目標金額の調達に成功してスマート・トイとして一躍、話題となった。

 

【関連リンク】
2016 International CES
日常をゲームに変える”Moff Band”と、”Moff”の未来 -CEO 高萩氏インタビュー
Moff、カラダを動かしダンスを楽しめるIoTバンド”Moff Band”を使った知育アプリ提供開始

Previous

チェックポイント、イオンでRFIDと棚卸用ロボットの試験導入を発表

ライフロボ、アドプラットフォーム事業のマイクロアドと業務提携

Next